ピクシブ百科事典

若松円

わかまつまどか

若松円とは、漫画・アニメ『満月をさがして』のキャラクター。

CV:可名

概要

アイドル歌手。

フルムーン(神山 満月)のライバルである。スタイル抜群の美少女。「ぐっちゃん」という子ブタをペットに飼っている。

実はとある名家の令嬢でお嬢様。しかし歌手になりたいと、縁談を断り、整形をして芸能界デビューした。そういった経緯もあって、野心家でしたたかな少女。

自分が整形をしたことにコンプレックスを持っていて、最初はフルムーンを外見だけだといじわるなことを言ったり挑発的な態度をとっていた。しかし、根は面倒見のいい優しい性格であり、フルムーンの人柄に触れて、次第にその考えを改めるようになった。

フルムーンとのイメージソングの投票争いでは、いずみの裏工作もあり、倍の票差で圧勝する。しかし、自分の楽屋に置かれていたイメージソングの歌詞が、実はフルムーンの作った歌詞だと知った円は、知らなかったとはいえ、勝手に使ったことを謝る。その後、やけになって実家に帰ろうとしていたが、ぐっちゃんに平手打ちをされてやめるように諭され、マネージャーからも電話越しに「円はいい歌手になる、頑張っていることを知っているから」と励まされて、歌手として頑張ることを改めて決意した。

その後は、自分が整形していることをカミングアウトする。本当の自分や本音を隠さずに出していこうとする円の姿はフルムーン(満月)の考えにも影響を与えた。

フルムーンをライバル視しつつも、大重がファンからの小包爆弾で顔を負傷したときは大重の容態を心配したり、大重が風邪だと思って能天気に心配していたフルムーンを叱るなど(事務所から知らされていなかったので仕方ないことなのだが)、彼女なりにフルムーンとその周辺を気遣ったりしていた。


那智とは恋人同士。実は那智も整形しており、那智の正体は円の幼馴染だった。子供の頃から面倒見のいい円が好きだった那智は、円に縁談を申し込むが、円に歌手になりたいと言って断られた。そんな円を追って、那智は自分も整形して芸能界入りしたのだった。


終盤は、ライブに遅刻したフルムーンが到着するまで、那智と一緒に友情出演でライブをつないだりしてフルムーンを助けたり、フルムーン(満月)が病気だと知って励ますなど、フルムーンとは友情関係を築いていた。

最終話では、再デビューした満月を那智と見守っていた。



関連タグ

満月をさがして 神山満月

関連記事

親記事

満月をさがして ふるむーんをさがして

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「若松円」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1455

コメント