ピクシブ百科事典

「このバカ忍者!何してんの!?なんで仲良くキャーキャー手叩いてんの!?レイチェル、レイチェルってハリウッド女優みたいだからいいかって思ったけど大勢で何度も何度も何度も呼ばれて嬉しいわけないじゃん!っていうかなんで学校いるの!?私 授業参観のこと言ってないよね!?意味分かんない!なんで来てんの!?っていうかその服なに!?忍者じゃないじゃん!アンタたちも!いっつもみんな固まって何が楽しいの!?サムライサムライ馬鹿にして!お父さんと話したこともないくせに!夜遅くまで練習してて、私にとっては自慢のお父さんなんだよ!お父さんに比べたらアンタたちなんて足軽なんだから!」

CV:本泉莉奈

概要

本作のヒロイン。
主人公・荒垣城太郎と妻・知世の一人娘で、マリの孫。
9歳で、小学3年生(劇中で4年生に進級した)。
誕生日は7月5日で、この日は家族全員が集合するよう知世に決められている。

どこか抜けていることの多い父とは対照的なしっかり者で、家事も器用にこなす。
反面、気を使い過ぎる一面もあり、マリやレオナルドに心配されることも多い。
また、母親の表の顔しか知らず、母親らしくあろうとして失敗した際にはひどく落ち込んでいた。
レオナルドからは「レイチェル」と呼ばれている。

父の職業上学校では浮いた存在であり、あまりクラスメイト達とつるむことは無い。(劇中での発言からそもそも本人が重要視していないことも考えられる)
そこに父の引退詐欺事件が重なってクラスの男子からからかわれるようになってしまうが、そこに介入してきたレオを絶交をちらつかせてまで止めようとする等、あくまで自分だけの我慢を貫こうとしていた。
しかし、授業参観の日に現れたレオの暴走で周囲に煽り立てられたことで遂に堪忍袋の緒が切れてしまい、レオや男子たちに今まで溜め込んでいた鬱憤を全て晴らしてしまうが、以後彼らとは穏便な関係になった。

天然気味な父には呆れたり驚かされることもあるものの、内心では自慢の父親として誇りに思っている。

父から誕生日プレゼントに貰った自転車を大事にしているが、当初は乗る事が出来ず、父にも打ち明けられないでいたが、和解後の練習にてすぐ乗れるようになった。乗ってすぐに急カーブ停車を披露している他、かなりの重さがあるであろうビッグバードを籠に乗せたまま大ジャンプするなど、父が体操選手という事もあって優れたバランス感覚を活かしたライディングテクニックを披露している。本当にただの女子小学生か…?


忍者が大好き。

関連タグ

体操ザムライ
中野一花…そっくりさん。
小湊春市 若草あおい…こちらもそっくりさん。※男子だけど・・・

関連記事

親記事

体操ザムライ たいそうざむらい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「荒垣玲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 274509

コメント