ピクシブ百科事典

蝉玉

せんぎょく

封神演義の登場人物の一人。
目次[非表示]

中国の小説封神演義』の登場人物。
本項は藤崎竜の漫画作品封神演義における蝉玉についての説明。

概要

鄧九公の娘。
金鰲島出身の道士で聞仲から周に派遣された自称「美少女スパイ」。後に土行孫に一目惚れし側に帰順する。

性格

思い込みが激しく、こうだと思い込んだら一直線の底抜けに明るい性格
全く密偵には向いていないが外見が可愛いのは周囲の反応を見ても明らかである。
土行孫ヤンデレ染みた言動を見せるが、彼女自身にもヤンデレストーカーである劉環に追い回された経験があり、彼の扱う火の鳥の宝貝がトラウマになって大の嫌いになってしまった。
カバカピパラのようなゆるいラインの顔に弱いらしく、土行孫に惚れたのもそれが原因である。

なお、原作では全く逆であり、土行孫が勝手に惚れている。

宝貝は「五光石」。投げると空中で方向転換するホーミング機能を持ち、命中するとこれといって意味もなく無駄にくどくて濃ゆい顔になる。原作じゃナタクをフルボッコにした鬼畜兵器なのになあ…。
後に太乙によりリミッターが外され威力が5倍(当社比)になった。

なお、名前の表記は安能版の誤記(蝉玉)だが、本来は嬋玉である。

この漫画ではお約束だが、原作で殉職した彼女も最後まで生き残っている。

関係者

  • 鄧九公:実父。溺愛する蝉玉が太公望から受けた嫌がらせに激怒し、「私の蝉玉ちゃんを…」「キサマは許さぬ」など怒りっぽい一方で親馬鹿(子離れできない一面も)。土行孫を何だかんだ言って婿として認めるようになる。なお、原作には蝉玉の兄弟として鄧秀なる息子もいるのだが本編には登場しない。


  • 竜鬚虎:九公に使える妖精で蝉玉の友達。仲良しの蝉玉をいじめる西岐軍の仕打ちに激怒し、岩を無数に飛ばす技で攻撃した。語尾に「~ニャ」がつく。


表記ゆれ

鄧蝉玉 鄧嬋玉

関連イラスト

蝉玉ちゃん
逃がさないわよ ハニー!

pixivに投稿された作品 pixivで「蝉玉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20451

コメント