ピクシブ百科事典

遊遊記

ゆうゆうき

正式名称は「ふぁみこんむかし話 遊遊記」で、パックスソフトニカと任天堂が共同開発して1989年に任天堂が発売したディスクシステムのアドベンチャーゲームである。通称『遊遊記』。
目次[非表示]

物語

昔々、今の中国に当たる東勝神州という大陸のある村に1人の女の子が住んでいた。ある夜、女の子家の近くに隕石が落ち、中から一匹の猿が飛び出してきた。女の子は猿に名前をつけて連れ帰り、世話をする。しかし、平和な日々もつかの間、猿はかつて犯した罪によっておしゃか様に連れ去られ、幽閉されてしまう。両親を亡くし天涯孤独の身の女の子は、やっとできた、たった一人の家族である猿を救うため、「ひかりのこづち」と呼ばれる宝を求めて旅に出る。

そして数年後。世界は牛の化け物、牛魔王の魔の手に脅かされていた。幽閉されていた猿はおしゃか様に牛魔王退治を命じられ、ひょんなことから旅の僧侶、三蔵法師の弟子となって共に天竺に旅立つことになったのだった。果たして珍道中の行く末やいかに?


ふぁみこんむかし話 遊遊記ウィキペディアより参照

登場キャラクター

猿(デフォルトネームはごくう
女の子(デフォルトネームはちゃお

三蔵 八戒 悟浄 りゅうきち おしゃか様
牛魔王 羅刹女 紅孩児 金角銀角
いったい

ゲストとしての登場

ごくうとチャオに関しては同じ任天堂の作品である星のカービィ2星のカービィ3にて登場する。

関連動画

CM


CMソングのフルバージョン


関連タグ

任天堂 星のカービィ2 星のカービィ3

関連記事

親記事

ふぁみこん昔話 ふぁみこんむかしばなし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「遊遊記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11168

コメント