ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 中国古典文学『西遊記』に登場する妖怪
 牛魔王に次ぐ知名度として有名であり、実写化されれば必ずと言っていいほど登場し、子供向けのマンガ絵本などでも兄共々出てくることが多い。
 金角と共に平頂山を根城にしている妖怪軍団の親玉で、兄と共に三蔵法師を殺してその死体を喰らい不老不死になろうとした。
念じることにより遠方のテレポートさせて対象の上に落っことす術が使えるなど、実力は高いがいかんせんアホである。
その正体は意外なモノだった。

派生作品

西遊記(1978)

演:三条泰子
 第4話「妖怪夫婦・金角、銀角」に登場。平頂山蓮華洞に棲む魔物で金角の妻。武勇、知略に優れている。若い女に化けて八戒を色仕掛けで騙して捕まえたり、老女に化けて悟空を騙しておんぶさせて山の下敷きにした。夫の金角は悟空たちよりも弱く頼りないが、銀角はそんな金角を心底愛していて、夫婦仲は良好。戦いの最中に、悟空に騙された金角が金ひょうたん(相手の名前を呼び、返事をした相手を中に吸い込み、吸い込まれた者は中に入っている液体で溶解してしまうひょうたん)に吸い込まれ、夫が死んだことを知った銀角はショックを受けて魔力を失い、ただの無力な女になった。
 その後は金のひょうたんを抱いて泣きながら、荒野へと去っていった(三蔵法師曰く「今は夫を失い泣くことしかできないただの女、殺すまでもないでしょう」と見逃された)。

2007年の映画

「ならば燃やしてしまってもよいのだな?この中に吸い込んだ・・・坊主と共に」
演:岸谷五朗
 金角(演:鹿賀丈史)の弟で、兄弟揃って“絶対妖怪”と恐れられている。一本の角を生やし、銀の装飾が施された鎧を身に纏っている。余裕ぶっている言動が目立つが、戦闘力は悟空(演:香取慎吾)と互角に戦える程高い。
 武器は長剣で、瞬間移動ができる。『黒烈雲』という筋斗雲に似た雲を生み出すこともできる。また、名前を呼ばれ返事をした者を吸い込む瓢箪を持っており、これで捕らえた三蔵を吸い込んだ。

 金角と共に『寅の国』を襲来し、辺り一面を砂漠へと変え、国を乗っ取った。その目的は、玲美(演:多部未華子)の持つ『無玉』を手に入れ、封印されている巨大な龍を解き放ち、世界を闇で包むこと。
 悟空との無玉の争奪戦の末勝利し、龍の封印を解くことに成功する。その後、宮殿に現れた悟空たちと対峙。八戒(演:伊藤淳史)と悟浄(演:内村光良)を圧倒し、悟空を瞬間移動で翻弄するも、見破られ敗北。最期は、見限られた金角に自分の長剣で貫かれて死亡した。

ドラえもん

パラレル西遊記も出てるよ・・・・・・ただし、悪役だけ


CV:加藤精三
 映画『のび太のパラレル西遊記』に登場。本来はひみつ道具『ヒーローマシン』における西遊記のカセットに登場する単なる悪役だったのだが、のび太とドラえもんの手違いにより現世に出現し、他の妖怪と共に玄奘三蔵法師殺害地球を征服した。
 兄共々牛魔王の軍門に下っており、兄がヒーローマシンに封印されたのちにドラえもん達を襲撃した際には「兄者の敵」と発言するなど兄弟仲は良い。
 最後はドラえもんの口車に乗せられてヒーローマシンに封印されてしまう。

ベルベル西遊記

 神崎一が魔界の絵本の力で変身した姿(なぜ髪の色と配役が逆なのだろうか)。姫川演ずる金角と共に、三蔵法師(男鹿)一行を苦しめた。
 終盤では邪神に戦いを挑み、他の妖怪たちのように超能力を使おうとするも、その実態はヨーグルッペを1パックだけ出すというしょうもないもので、あっけなく吹っ飛ばされてしまう。が、牢屋に突っ込んで壁を破壊したため攫われた村娘の救出は出来た。

関連項目

孫悟空 猪八戒 沙悟浄

関連記事

親記事

金角 きんかくだいおう

pixivに投稿された作品 pixivで「銀角」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197186

コメント