ピクシブ百科事典

金田パース

かなだぱーす

伝説のアニメーター金田伊功(かなだよしのり)が産み出した「あえてパースを歪ませ誇張する事でダイナミックさを表現する」と言う手法。
目次[非表示]

概要

オリジナリティあふれる様々なアニメーションの技法を産み出した事で知られる伝説のアニメーター「金田伊功」。

その代表的な技法が「金田パース」で、例えばなにか棒状のもの(銃など)の物を片手でもって相手に向けた際に、本来なら肩から肘・手首・拳として棒状の物の先が一直線になるところを、肘から先を大きく歪め、さらに拳を大きく描き、そして棒状の物の先をさらに大きくする事で、非常に迫力のある絵を見せる事が出来ると言う技法である。

どこかがおかしいビビッドグリーン
ハートキャッチ・オーケストラ



1970年のロボットアニメ界に現れた金田パースは、あっという間にさまざまなフォロワーを生み出し、現在でもダイナミックさを強調し迫力を出す技法として用いられている。

※ちなみに生みの親は「金田伊功」と書いて「かなだよしのり」と読む為、「金田パース」も「かねだぱーす」ではなく「かなだぱーす」と読もう。

先にあるもの程大きく誇張すると言う簡単な方法で止め絵を描くことは出来るものの、動きを伴うアニメーションの原画としては、詳しくは関連リンクに掲載したブログに任せるが、立体的な計算の上で描かれるものである為、難易度は高い。

関連タグ


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「金田パース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18096

コメント