ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

非常口のマーク(ピクトグラム)を示すタグ。大半は非常口マークをもじったネタ絵である。
以前から良作ネタ絵の多いタグであったが、【非常口遊戯】企画で注目を集め、pixiv通信にも紹介された。
逃げる人がひどい目に遭う絵は、特別に「非情口」の名を進呈される。

ちなみに、ピクトグラムではなく実物の非常口をモチーフにした絵も、ごくごくわずかに存在する。

ピクトグラムの誕生の経緯

非常口を表す誘導灯はすでに1965年頃から存在はしていたが、当時は文字表記だけであり、「非常口」「非常出口」といった誘導灯であった。

しかし1972年の千日デパート火災、1973年の大洋デパート火災で非常口誘導灯のサイズが小さかったために非常口の場所が火災による煙などで分からず、多くの死傷者を出してしまい、消防法が改正されるとともに、日本照明器具工業会において誘導灯の認定が開始されることになった。

この時点でも誘導灯の構造を改良されつつあるが、「非常口」などの字体や英語表記の有無が誘導灯の製造会社間で統一されておらず、メーカー毎でまちまちだった。


また、文字だけであるので無機質で威圧感が感じられることにより、子供が怖がってしまう他、その場のイメージを壊したり、病院などでは夜間に患者の安眠を妨げるなど、問題は山積みであった。

そこで誰にでもわかる標識を目指しデザインが1979年に公募され、およそ3300人の応募の中から図案評価実験等を経て小谷松敏文の作品が入選した。その後太田幸夫による改良を経て1982年1月20日に消防庁告示、同年4月1日に施行された。
(以上ウィキペディアより要約)

消防庁告示から僅か1年半の間で、70%以上の誘導灯が新表示(現行デザイン)に急速に取り換えられたという(取り替えたのは誘導灯の筐体ではなく、パネルだけを交換したケースがほとんど)。その背景には、施行直前である1982年2月8日にホテルニュージャパン火災が発生したことで消防法が一層厳しくなったという事情がある。

ピクトグラムの誕生後

1982年から1983年にかけて現行デザインのピクトグラムに取り換えられた。
また、1982年4月以降に竣工された建物も現在のピクトグラムの誘導灯になっている。
当時はまだ右矢印であってもピクトグラムが左に向いていたりなど違和感があったが、右向きのデザインも登場した(基本は左向きで両矢印の場合は左向きになる)。

1990年代に入ると薄い筐体が登場し、1994年にはピクトグラムのみのコンパクトスクエア型が登場。光源は高輝度誘導灯。他にもハイパースリムといったサイバーチックな誘導灯が開発されたが、高価なため設置数は少なかった。

1999年には表示記号の変更しコンパクトスクエアが各地に多く設置され始め光源も冷陰極蛍光灯となり、さらに2010年には光源が冷陰極蛍光灯からLEDとなって省エネ化が進み、現在ではLEDが主流となっている。

少数ながら、音声とフラッシュライトで誘導するものも存在する。
↓下の動画は、火災報知器連動式音声誘導機能搭載型非常口誘導灯の一例
(大音量で非常ベル及び緊急放送が鳴る動画の為音量を最小限または、ミュートにしてからご覧ください。)


非常口の裏地の色の違い

裏地が白地でピクトグラムが緑色となっているのは通路誘導灯、非常口までの道のりや経路を示している。
裏地は緑色にピクトグラムは白色の場合、これは避難口誘導灯であり、非常口その物を指す。


なお、非常口が青くなっている色違いな代物もあるが、単なるパネルの劣化で青く変色しているだけである。


関連イラスト

水墨画風の非常口

シャア専用非常口


ティウンティウン

This way...


アグレッシブな非常口

日常への入り口



関連タグ

【非常口遊戯】 非情口 日常口
ピクトグラム ネタ絵 ネタ
サボテンダー

ひじょうぐち:非常口のひらがな表記だが、現状では妖怪ウォッチの妖怪がメインとなっている。

関連記事

親記事

ピクトグラム ぴくとぐらむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「非常口」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「非常口」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1712706

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました