ピクシブ百科事典

食脱医師の女

くだくすしのおんな

食脱医師の女とは幽遊白書に登場する過去の人物である。

概要

cv:土井美加

700年前の時代の人間で浦飯幽助の44代前の先祖でもあり、妖怪としての遺伝子上の母親でもある。
現在は故人で雷禅の回想と会話のみで登場する。

表示名の通り、職業は食脱医師(くだくすし)という病原菌などを自らに取り込んで抗体を作り患者に提供する一種の医者に当たる。
代々の食脱医師の家系ではなく、戦乱で傷付いた人々を助けるために自ら志願して毒を取り込んでいた誇り高い人間。
密教屈指の術者で、雷禅が人間界に赴いた際に遭遇するも、食人鬼の彼を全く恐れないばかりか毅然とした態度で圧倒したことから雷禅を惚れられる。
彼曰く一晩かけて拝み倒し、彼女と一夜を共にし、雷禅との子(幽助の祖先)を儲けるも出産してすぐに亡くなったらしい。
ちなみに雷禅は彼女との出会いをきっかけに彼女と再会を果たすま人を食べないことを決め、彼女が死んだことを知っても、彼女の魂との再会を信じて人間を食べることを絶った。
人間が主な栄養源である食人鬼の雷禅は七百年余りの間、人を食べず栄養失調で亡くなったが、彼女が遺した子供と出会うことが出来た。
アニメでは前後で視聴者に示唆させる演出として雷禅との性描写が描かれた。

関連タグ

幽遊白書 浦飯幽助 雷禅

関連記事

親記事

雷禅 らいぜん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「食脱医師の女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172

コメント