ピクシブ百科事典

魚氷に上り耀よひて

にこにこさんふらわーきっす

魚氷に上り耀よひては、Reflec Beatに収録された楽曲である。元の読み方は「うおひにのぼりかがよいて」。現在の読み方に関しては「ニコニコサンフラワーキッス」をご覧下さい。注:ジャケットはものすごい破壊力があり、心臓の弱い方は閲覧にご注意ください。なお、メイン画像はジャケットではありません。
目次[非表示]

概要

「魚氷に上り耀よひて」とはReflec Beatに収録されている曲である。作曲・歌唱はあさき
なお、「魚氷に上る」とは、
凍っていた湖の氷が、暖かくなって割れ、そこから魚が跳ね上がる様子を述べた、初春の季語である。
曲のほうはあさき節全開の、歌詞が聞き取りにくいV系っぽいサウンド(本人曰く「京都メタル」)となっている。
HARD譜面はLO絡みの配置やトリルがいやらしく、クリア・スコア難易度ともにLv9上位か。

しかし、この曲の最大の特徴は何と言ってもそのジャケット
人間の顔らしきものが描かれているが、どのパーツも禍々しいまでにいびつな形をしており、
眼窩には眼球がなく、おまけに肌色は真っ白。
インパクトの強いジャケットが多いReflec Beatの中でも、精神的ブラクラを催すという意味ではその破壊力はダントツ
THE FALLENやDEADLOCK、Survival Gamesすら霞んでしまうほどのジャケットバイバイっぷりである。
その後さらにインパクトを兼ね備えた「HAERETICUS」が登場するが、
このジャケットの影響か、反響はあまりなかった。(それでも怖いことには変わりないが)。

そもそも、あさき氏の楽曲が関わるもの(「ツミナガラ…と彼女は謂ふ」のムービー、「天庭」の担当キャラ等)にはこうした恐怖系が多く、
古くから彼の楽曲になじんでいるプレイヤーにとっては
なんだ、いつものあさき」と思うだけで済むかもしれない。
しかしjubeatReflec Beatから音ゲーに新規参入した免疫のないプレーヤーには、
事前の下調べもせずにこの曲を解禁してしまった場合、突然映し出されたおぞましい画像を見て筐体から逃げ出したくなった方も多いことだろう。

ジャケットの評判

しかし良くも悪くもこの曲がジャケットと共に話題を呼び、一部ではアイコン化を希望する者や「魚氷ちゃん」との愛称で扱われるなど今ではリフレクを代表するジャケットとして人気となった。

・・・そして解禁されて約半年。とうとう人気に応え
2012年7月26日にこの曲のアイコンが使えるようになってしまった。
しかし、coletteが稼働すると同時に、Limelightで集めたアイコンが全て消滅。
事実集め直しとなってしまったが、それでもこのアイコンを使用するプレーヤーは少なくない。
※アイコン解禁条件:「魚氷に上り耀よひて」を5回プレイ(難易度不問)

でも実際のところ、この曲のアイコンが圧倒的に多い。

ニコニコサンフラワーキッス

かつては「うおひにのぼり かがよいて」という読みだったが、
ラジオ番組『BEMANI Backstage 第35回』でのお便りコーナーにおいて
Reflec Beatあさきさんの楽曲の読み方がわかりません』
という質問があり、あさき氏をはじめとした中で議論が交わされる。
結論として、読み方そのものが難しいという理由で
ニコニコサンフラワーキッス」に変更された。
余計に読めない。
BEMANI Backstage 第35回(ニコニコ動画)

楽曲難易度

アーティストあさき
BPM106
難易度BASICMEDIUMHARDジャケ
46910+


関連タグ


Reflec Beat
BEMANI
検索してはいけない言葉
みんなのトラウマ 


問題のジャケット(閲覧注意)


注意:心臓の弱い方は閲覧をお控えください






















誰 か 光 を く れ



以下にもこの画像があるよ。

pixivに投稿された作品 pixivで「魚氷に上り耀よひて」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13922

コメント