ピクシブ百科事典

Cresteaju

くれすてぃーゆ

Cresteaju とはフリーゲームにちなんだタグ。
目次[非表示]

Cresteaju
とはフリーゲームにちなんだタグ。

ジャンルはRPG。

作者はShou氏。


概要

世界観はファンタジーであるが、一般のファンタジーRPGに多く見られる魔王の類は登場しない。

戦闘画面は3D風のバトルフィールド上で2Dのキャラクターが動く形式で、システム的には位置取りにより、隊列と射線・魔法の効果範囲の概念を取り入れつつもベーシックなターン制コマンド選択方式である。この他にマイナス値が存在するLP(ライフポイント、HPに相当)、魔法を使わないと徐々に回復するMC(マジックキャパシティ、MPに相当)、レベルアップ時に与えられる魔法修得値と修得コストによる魔法獲得(一般的なRPGではプレイヤーに選択権はない)など、基本システムにも独自の工夫が凝らされている。

ストーリー

新興宗教エターナルは「全ての人に永き幸せを」の題目の元、その巨大な軍事力で大陸を統一支配しようとしていた。彼らが崇め、その復活を目論んでいる古代神クレスティーユとは、遥か古代において主神・ディーンに次ぐ力を持ち、戦闘を司っていたとされる存在である。

大陸に点在する町(物語の舞台となるフィルガルト大陸には王国などの国家がなく、各都市は自治を行なっており、それには理由があることが後におぼろげに示唆される。)が次々とその支配下に置かれてゆく中、ついに主人公・ルナンの住む町クレスフィールドも直接攻撃を受ける。正面切っての戦いならば負けることはないと思われた町議会だったが、仲間の裏切りにより指導者ガゼールを無力化され、その侵攻にあえなく屈する。

戦いのさなか、かねてから親交のあった町への救援を求める手紙を議長ガゼールの娘・ルナンが託され、脱出するところから物語は始まる。

親の仇を追う剣士ディザ、師の影を追う学者サヴィアーらと偶然の出会いや一時的な利害の一致から手を組んだルナンは、様々な出会いと事件を経て成長してゆく。

仲間たちと互いの追うものが同じであることに気づいたとき、失われた幼い頃の記憶が蘇るとき、そして第3の勢力・魔導師クレイシヴによって古代神クレスティーユの正体が明らかにされるとき、物語は大きな転回点を迎える。

登場人物

ルナン

主人公。推定18歳だが、幼い頃の記憶がないため正確には定かでない。クレスフィールド議会の長ガゼールの養女。故郷を襲撃されたことからエターナルと、直接窮地に陥れたフォールン個人とを激しく憎悪するようになる。トマトと温泉が好き。一応オールラウンダーと言えるがあまり大きな武器は扱えないため、戦闘では主に魔法を使って戦う。銃はある程度使える。ほぼ全ての攻撃魔法を習得可能。通常よりも威力の高い物理攻撃/魔法攻撃、受けた攻撃を無効化すると同時に高威力の反撃を行うものなど多彩な必殺技を持つ。


外部リンク

さくらやまスクエア・跡地(作者サイト)

pixivに投稿された作品 pixivで「Cresteaju」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15263

コメント