ピクシブ百科事典

Femforce

ふぇむふぉーす

アメリカンコミックスのシリーズ、及び作中に登場するヒロインチームの名称である。
目次[非表示]

概要

Femforce(フェムフォース)とは、アメリカンコミックスのシリーズ、及び作中に登場するヒロインチームの名称である。

ただし最近ではそれ以外の用例も見られる。

出版史上のフェムフォース

AC Comics

AC Comicsはアメリカコミック出版社
1969年に"Paragon Publications"として創設、1982年に"Americomics"と改名し、1984年から"AC Comics"となっている。

アメコミゴールデン・エイジ(1930年代後半~1950年前後)には多くの出版社が様々なキャラクターを生み出しているが、企業吸収合併市場からの撤退、あるいは廃業によって多くのキャラクターがパブリックドメインとなっている。

AC Comics社はこれらの作品を再版し、さらにそれらのキャラクターが登場する新たなストーリーを創作することを作風としていた。

"Femforce"のほかに

  • "America's Greatest Comics"
  • "Captain Paragon"
  • "Men of Mystery"
  • "Sentinels of Justice"
などを出版している。

1980年代後半には、同社のコミック(特に"Femforce")の描写が過剰性的であるとして批判する意見もあった。

日本の漫画ブランド・『ACエレガンス』については秋田書店を参照。

"Femforce"

フェムフォースが紙面に登場したのは、Femzine #1"Femme Force One: The All Girl Squad"(1981年)が最初である。

ここでのメンバーは、ファントム・レディ(Phantom Lady)ミス・ヴィクトリー(Miss Victory)シン(Synn)タラ(Tara)、およびブロンド・ボンバー(Blonde Bomber)。チーム名はフェム・フォース・ワン(エアフォースワンを意識しての命名か)。

その後1984年の特集号"Femforce Special"を経て、独立したシリーズとしての"Femforce"が1985年にスタート。
同社の主力コンテンツとなり、2018年12月には第184号が発売。その他、外伝シリーズや特別番外編などが多数刊行されている。

チーム・フェムフォース

女性メンバーのみで構成された超人チーム。
日本での知名度は低いが、giantess(GTS)系の愛好家には比較的馴染みがある(要出典)。

(設定上の)結成第二次世界大戦当時の1940年代
当時のメンバーは上述の通り黄金期に活躍していたキャラクターであり、『もしも彼女たちがチームを組んでいたら?』というスーパーロボット大戦的な企画ともいえる。

メンバー

創立メンバー

  • Ms. Victory
  • Rio Rita
  • Nightveil
  • She-Cat

1980年代以降参加メンバー

  • Synn
  • Tara
  • Colt
  • Stardust
  • Rayda
  • Firebeam
  • Dragonfly
  • Thunderfox

協力者

  • General Roberta Strock
  • Garganta
  • Buckaroo Betty
  • Kitten
  • Yankee Girl
  • Blonde Bomber


余談

1996年に刊行された "FemForce #96 - Mangled By The Claw" はジャパニーズ・マンガスタイルになっており、表紙には日本語で『美人アルカディア』と銘打たれている。
これは作中で『(現実改変の能力を持つ)シンがマンガにはまっていた』ために起こった現象。

関連タグ

femforce / フェムフォース
アメコミ / ヒロインチーム

関連記事

親記事

アメコミ あめこみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Femforce」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2122

コメント