ピクシブ百科事典

MRE

みーるれでぃとぅいーと

アメリカ軍が採用している戦闘糧食、個人向けのもの
目次[非表示]

レーションは不味いという先入観を作った戦犯

米陸軍ネーティック兵士センター主導の下、1975年にレーションとして正式採用され、1980年代から配備されているアメリカ軍の個人用レーション
野戦食であるために様々な環境や過酷な運用に耐えるように保存性を最優先に作ってしまった結果、保存性や耐久性は大変優れたものだったが、その代償に食べ物として大事なもの・・・つまるところおいしさを欠落させてしまった代物になってしまった。
実際に1983年に行われた34日間のフィールドテストでは「総合的に可」という結果こそ残したものの、4割の残飯を出すという結果になっている。

その保存性や携帯性(米軍以外のレーションでは兵士の個人携行を前提としてないものも多い)を追及して味を二の次にした結果のあまりの不味さから本来は
Meal,Ready-to-Eat(すぐに食べられる)の頭文字でMREなのだが

  • Mr.E (ミステリー)
  • Meals, Rarely Edible (とても食べられたものじゃない食物)
  • Meals Rejected by the Enemy (敵から拒否された食べ物)
  • Meals Rejected by Everyone (誰もが拒否した食べ物)
  • Materials Resembling Edibles (食べ物に似た何か)
  • Meals Rejected by Ethiopians (エチオピア人すら拒否した食べ物)※注
といった具合にさまざまな蔑称で呼ばれることになる(これらはそれら蔑称の一部)。

※注
当時、大飢饉が発生し死者が数万人以上出るほどの飢餓状態に陥っていた。

ちなみにこのレーション、2週間以上の常食を控えるべき、となっている。

余談ながらこのように酷い味と評価された初期のMREではあるが、捕虜になった敵兵や保護した難民等には好評であったとの事。理由の一つは菓子類が入っている事だと思われる。

飯のおいしさは軍の士気に直結する

このMREの突出した酷さから、ひいては他の軍隊が使用するレーションの味に対する先入観すら植え付けてしまった。
実際のところは味にかなり力を入れている軍隊のほうが多いのである。
なにせ飯が不味くて反乱が起きたことすらあるほどで、軍隊ひいては兵士を維持するのに食事というものは大きなキャパシティをしめているのである(食い扶持を軍隊に求める人も多く、それらを兵士として雇用する面も軍隊にはある)。

現在は湾岸戦争時の教訓を元にそれなりに改善され、現在も改良が重ねられているものの、相変わらず不味いという悪評は付いたままである。(もっともこれはアメリカが多民族多宗教多文化国家なだけありMREを製造している会社が多数有るため、会社やメニューによって当たり外れがあるだけなのだが…)
結果、ミリメシとしてレーションのプチブームが到来してその悪評も一般人に届くようになってからは、実際に賞味していない人からからも不味いと決め付けられることもある。
ベジタリアンメニューだけは擁護できないが。
しかし既出した通り作っている会社によって旨い不味いが分かれるので「どれだけ不味いのかと思ったら普通においしくて期待はずれだった」という意見も少なくない。
また、比較的短いサイクルで改良が繰り返されているため、同じメーカーの同じメニューであっても製造時期によって評価が変わるということもあり、最近のものは良かったからと油断したら前のロットのものは不味かった、逆に前のロットはおいしかったが最新ロットは不味いという事も起きている。

余談ながら、不味い不味いといわれるイギリス料理からMRE並に不味いと想像される英軍のレーションだが、普通に美味しいものが殆どとの事。前線では紅茶を飲む余裕があっても調味料で味の調整は出来ないからであろうか?

メニュー

多民族多宗教多文化国家の軍が使用するものだけあってメニューは24種類前後(製造時期により異なる)あり、クラッカー、肉や豆料理、ゼリーやケーキといったデザート、水で溶く粉末ジュースなどで構成されており、緊急脱出用の救難食や寒冷地向けにカロリー量を増加させたもの、ベジタリアンや食べれるものが限られる特定の宗教に向けたものもある。
また水を使い発熱する簡易ヒーター付き(最近のものは発熱材用の水も付属)でいつでも温かい食事が取れるようになっている。
このヒーター、少量の水さえあれば発熱できるのだが、有毒ガスが発生するという問題がある。
MREと同じコンバットレーションであるグループ向けのUGR-Eではヒーターとレーションが同じパッケージに入っており、過熱してはまずいスプーンや菓子等を取り出し、ヒーターの紐を引くだけで過熱されるジェットボックスシウマイのようなものもある。
現在、米陸軍ネイティック兵士研究開発技術センターでは状況によっては貴重となる水を使用しないヒーターの開発が進められている。

ちなみに、軍放出品として、時期によっては比較的手にはいりやすいミリタリーグッズということから、専門に収集している人もいる。
もちろん、保存性はよいので食べられないこともないのだが、基本的に放出品は消費期限切れのコレクション用なので、食べたところで健康被害が出ても完全に自己責任なので注意すること。
実際、過去には痛みやすいとして廃棄されたはずのツナヌードルが放出品として売られてしまい、痛んだものが出回った事で問題になっている。
(当時はコレクション用として売られていなかったため、これをきっかけとしてコレクション用として販売するようになった)

実際に食べてみたレビューサイトも多いので参考にするとよい。

関連タグ

アメリカ軍 食事
非常食 レーション 戦闘糧食

pixivに投稿された作品 pixivで「MRE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66236

コメント