ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


OinK(Only in Korea)

元々はアメリカの投資ファンド会社が韓国の赤字銀行を立て直して売却(韓国法的に何も問題がない)しようとしたら、韓国政府があり得ない難癖をつけてその銀行を奪い取ってしまった『ローンスター問題』より生まれた造語で『韓国でしか起こり得ない』という意味である。

何より「感情」を重んじる韓国はゴネ得がまかり通る文化を持つ国である。
一応法治国家という体面を持つものの、実際は「法」よりも「感情」を優先される場面も少なくない。
司法や行政であってもそれは変わらず、通常の法治国家では有り得ないトンデモ判決やトンデモ法案がまかり通る情治国家という側面が強いのが現状である。
外国人もしばしばそれによる被害を受けることがあり、それを「Only in Korea(韓国でしか起こりえない)」と豚の鳴き声と掛けて「OinK」というのである。

また韓国では正義は法より尊いと考える文化がある。その正義は韓国主観による一方的なもので外国人が受け入れ難いものが多いのだが、一度正義の大義名分を掲げれば韓国人は国際法すら破っても構わないと考えるのである。通常の法治国家が法>正義なのに対し、韓国は正義>法であるため、いくら日本が「国際法を守れ」と言っても韓国人からしたら「正義は我々にあるのだから国際法を守る必要はない」と考えているため全く話が噛み合わないのである。

韓国文化は大義名分を尊び、更に強固な上下関係があり、韓国人は常に相手は自分より格上か格下かを推し量っていて格上なら友好的な態度を取り、格下なら不遜な態度を取る。
そのため日本人にとって些細な言動でもそれが形式内のものであれば重要な事と捉える。例えば公式会議や式典などで賓客が赤い絨毯を外れて歩いた、例えば会食会の賓客同士位置など一見日本人にはどうでもいい事であっても韓国人には国同士の態度や力関係を推し量る重要な材料として捉える。
更にこの大義名分と強固な上下関係から「道徳的優位性」というものを重要視する。つまり被害者が絶対正義、加害者は絶対悪と考えるものである。韓国文化において「被害者」とは絶対的な正義と絶対的な強者という立ち位置を併せ持つある意味究極の存在なのである。
セウォル号事件の遺族の政府への言動を見てもわかる通り一度「被害者」という大義名分を得れば「加害者」にかなり理不尽な命令でも要求できる。

これらが日本との歴史問題をややこしくする主要因といえる。韓国人にとって自分たちは日本の「究極の被害者」と考えるため、彼らにとって日本からどんなに支援を受けてもそれは「被害者」が「加害者」から受けられる当然の権利だし、自分たちは正義なのだから日本との間であれば国際法だろうと条約だろうと破っても問題ないと考える。例え日本が約束を守らないからと報復をしても、彼らは「戦犯国(加害者)の分際で国際法を持ち出して報復してくるとは何事だ!反省していない証拠だ!」と怒り狂うのである。

関連タグ

韓国

関連記事

親記事

韓国 かんこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「OinK」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23338

コメント