ピクシブ百科事典

プテラノドン

ぷてらのどん

中生代中期から後期に生息した大型爬虫類(翼竜)の一種。 嘴のような顎と鋭く伸びる後頭部が特徴。 翼竜の代表格として親しまれ、非常に高い人気を持つ。
目次[非表示]

プテラノドンとは、中生代白亜紀を生きた大型爬虫類(翼竜)の一種である。

概要

蝙蝠のようなを持つ大型爬虫類『翼竜』の代表格、かつ象徴的な種族。
プテラノドンとは、ラテン語で「があってが無い」という意味である。
1870年、古生物学者オスニエル・チャールズ・マーシュらによって発見され、プテロダクティルス(ジュラ紀のヨーロッパに生息)に似ていたことからプテロダクティルスの新種と考えられたが、のちに別属と判明し、改めて"プテラノドン"と命名される。
主に北アメリカ大陸で発見されるほか、日本でも化石の断片が見つかっている。
以前までは多くの種を抱える属でもあったが、近年その分類は整理されつつある。

生態

翼長は7〜8m程度、ステルンベルギ種では9mにも達する。
グライダーのように、上昇気流を翼で掴んで飛行する飛翔方法を用いていたと考えられている一方、筋力はほどはないとも言われており、映画などで用いられるような「人間を鷲掴みにして飛ぶ」という荒技はできないといわれてる。

最大の特徴は口と後頭部で、名前の通りほかの翼竜とちがって歯が無いため、ペリカンの嘴のような大きなを持っている。後頭部のトサカの役割は種の特定の目印、体温調節の器官、首を支点にバランスを取って嘴を動きやすくした、飛行中の気流の察知に役立った…など諸説ある。種類によってトサカの形状はまちまちで、一般的な後頭部から後ろに伸びるブレード状のもの(プテラノドン・ロンギケプス)もあれば、の刃のように出っ張ったもの(プテラノドン・ステルンベルギ、ゲオステルンベルギア属とする説もある)も存在する。

食性で、水面を低空飛行しながら顎を水面に浸して水面にいる魚を浚って捕獲していたと推察される。翼を広げた時の縦横の比率は1:9とアホウドリの1:8に近く、収斂進化が見て取れる。

昨今、化石からから発達した体毛が発見され、羽毛を持つ爬虫類という新たな特性を得ている。

なお、イラストではティラノサウルストリケラトプスの背景を飾る存在としておなじみだが、実際はこれらの恐竜よりも1000万年以上前に生息していたので、物語を描く際は注意が必要。

人気No.1翼竜

発見が比較的古く、また『空を飛ぶ怪物』というイメージも手伝って、翼竜のなかでは非常に高い人気を誇り、現在でも「翼竜=プテラノドン」の公式は世界的に認知されている。
とりわけ、メディア作品ではその見栄えの良さから抜擢されやすい傾向にある。

関連タグ

恐竜 翼竜

プテラノドンに関連するもの

pixivに投稿された作品 pixivで「プテラノドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297436

コメント