ピクシブ百科事典

あんスタ勢

あんすたぜい

あんさんぶるスターズ!のプレイヤーの通称

トラブル

プレイヤー人口に対する相対的な観点はともかくとして、過激派の絶対数が多い事で有名。

Twitterなどでは「ハピエレ燃やす」というスラングが頻繁に使われている。なお、HappyElements側もこの事態を把握しており、ラストピリオドでは2017年のエイプリルフールネタで同社の社屋を炎上させる自虐ネタを披露している。

また、公式ノベライズ4巻で転校生ちゃんの女子校時代の友人、つまり女子高生を登場させることを公表した際は、メインライターの日日日氏のTwitterアカウントに対し他作品のキャラをゴキブリ呼ばわりすると言った暴言を数時間に渡り書き込み続ける事件が発生している。

この事件が直接の原因であるかは不明だが、ハピエレはあんスタ勢の取扱いをかなり慎重にしている。ラストピリオドではゲーム内であんスタとのコラボイベントを開催したことがあるが、個性豊かな女性キャラクターが多数登場する作品であるにも関わらず彼女らを特殊な空間に隔離し、ラスピリの世界に迷い込んだあんスタキャラと一切接触させることなくイベントを終わらせている。この扱いはラスピリがアニメ化された際にハピエレキャラ達を出演させた際も変わらなかった。

2017年3月にはサーバの不調によりイベントの進行が出来なくなり、運営がお詫びとしてランキングボーナスを全員に配布する対応を行ったが、この対応が「課金勢に対して不公である」としてユーザの一人が消費者庁に訴える事件が発生している。

2018年7月にはイベントでとある重課金税が会場にフラワースタンドを作中キャラが書いたかのように見えるサインを入れた状態で展示したことに腹を立てた過激派が送り主をバッシングする事件が発生している。匿名でメッセージを送ることができるマシュマロを用いて「住所控えた」、「顔写真晒せ」、「担当を降りろ」、「他ジャンルにも関わるな」などの脅迫を受け、最終的に送り主はゲームを引退することを宣言する事態にまで発展した。ここまで来ると言うまでもなく犯罪行為である。

更にいわゆる高レートのキャラのファンから低レートのファンに対する傍から見ると理解不能な優越意識が相当根深く根付いているらしく、不要なグッズを在庫処分のようなノリで叩き売る事件が起き、前述のフラスタ騒動からさほど期間を開けずに新たな炎上騒動に発展した。

他ジャンルに対して閉鎖的であり、あんスタ自体を目当てにしない新規勢に対して非常に攻撃的なユーザーも存在している。例えば、歌い手のまふまふがあんスタに楽曲提供することが発表された際、「まふまふ目当てであんスタに入ってくるな」という意見がTwitter上で多数ツイートされ炎上騒ぎに発展している。

その他、過激なあんスタ勢はタレントのつるの剛士がゲームをプレーして上位報酬を手に入れた際やでんぱ組.Incのメンバーらが舞台をコスプレ姿で観劇した際に集団でバッシングする事件を起こしており、全体的なイメージを押し下げている。

トラブルは運営やユーザ間に留まっていない。グッズの販売などでは店舗側が禁止しているにも関わらず、徹夜で翌日の開店を待つユーザが度々登場し、トラブルになっている。2018年2月10日秋葉原の例では160人近くの行列が形成され最終的にその徹夜組が整理券を手に入れている。

関連項目

転校生ちゃん…登場人物としてのあんスタ勢。

コメント