ピクシブ百科事典

いとおと

いとおと

いとおととはアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』に登場する涼野いとと小鳥遊おとはとのカップリングである。
目次[非表示]

概要

涼野いと小鳥遊おとはのカップリング。
当初は男勝りな王子様と引っ込み思案なお妃様みたいな関係…だった

物語中盤でいとが神浜コウジが結ばれた為、「純粋な百合」としては発展が望めないが、それでいてなお成立する、むしろエピソードが補強されてしまった珍妙なカップリングでもある。

公式では終盤のデュオショーでペアを組んでいる。

おとはの成長

いとがおとはにショーで敗北した時から「こんなやつに負けた」と意識するようになった。

おとはがべるに半ば追放された際、プリズムストーンに身を寄せ事になる。いとは臆病で言いたいこともはっきり言えないおとはに辛辣な言葉を言い放つが、同時におとはのことを気にかけている。いともおとはの言葉に影響され、徐々に成長していく。

21話でおとはがエーデルローズに復帰したが、この一件の功労者はいとであった。この頃には既に、いとのキャラ崩壊もとい態度の軟化によって、おとはにも以前より優しく接するようになっていた。

「おといと」への変遷

デュオショーの直前、いとは涼野家と神浜家の確執で精神的に危うい状態だった。そんないとを支えたのがおとはであった。
37話デュオショーでは、おとはがいとの手を取って見事ショーを成功に導いている。

当初いとは男勝りで強気な王子様、おとはは臆病なお姫様として扱われていたが、最終的にメンタルの強さが逆転してしまった。
ただし、おとはの成長もいとがいなければ成し得なかった。本編46話でもおとはのメンタルの強さがいと達を支えていた。

つまり最終的には「おといと」と化すカップリングなのである。左右固定しない場合は特に気にする必要はないが…。

KING OF PRISM

ある新聞記事(おとはの記事を参照)ですっぱ抜かれたおとはの相手が「いと、もしくはべるではないか」という説が浮上。

『キンプラ』では、何故かおとはがコウジといとのデートに割り込んで笑顔で先導していた。いわゆるコウいとおとだが、この2年間に何があったのか気になる…。

余談だが『キンプリSSS』円盤購入特典で涼野ユウ西園寺レオがALIVEをカバーする事になった。ユウがいとの弟なのはRL視聴者に言うまでもないが、レオの方もおとはのショーに救われた過去があり、その2人のALIVEカバーは「形を変えたいとおと」と表現出来なくもない。

関連イラスト

2人のロマンティックショー
センシティブな作品


いとおと
いととおとは



関連タグ

涼野いと 小鳥遊おとは プリティーリズム・レインボーライブ

べるおと・・・大前提のCPだが、同時にいとおとが無ければ成立しない。

デュオショーでのペア
あんわか べるなる(なるべる)

関連記事

親記事

百合ティーリズム ゆりてぃーりずむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「いとおと」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 321124

コメント