ピクシブ百科事典

おぢいさんのランプ

おぢいさんのらんぷ

『おぢいさんのランプ』は新美南吉作の児童文学。
目次[非表示]

『おぢいさんのランプ』新美南吉作の児童文学。新美の生前に刊行された唯一の童話集「おぢいさんのランプ」(1942年)に収載された。その後、若手アニメーター育成プロジェクトの一環として2011年にアニメ化された。

ストーリー

孤児の巳之助少年は、村の様々な雑用を請け負うことでどうにか生活していた。
ある日、人力車のアルバイトで街に出た彼は、初めてランプというものを見る。
ろうそくとは比べ物にならない明るさのそれに感動し、これを村で売ることを発案。このアイデアは見事に当たり、巳之助はランプ売りとして身を立てることに成功する。

そして数年後、妻や子供にも恵まれ、まさに人生の絶頂にあった巳之助であったが、あるとき村に電気を引く計画が持ち上がる。
電気が通れば電灯が普及し、ランプが売れなくなってしまう。そう危惧した巳之助は強固に反対するのだが…

登場人物

巳之助 - 神谷浩史
セツ - 清水理沙

表記揺れ

おじいさんのランプ

関連タグ

児童文学 童話 昔話 新美南吉
 ランプ 電気 一代記

pixivに投稿された作品 pixivで「おぢいさんのランプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237

コメント