ピクシブ百科事典

くノ一あやめ忍法帖

くのいちあやめにんぽうちょう

「くノ一あやめ忍法帖」とは、「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場する忍者ユニットである。
目次[非表示]

概要

アイドルマスターシンデレラガールズに登場するユニットの1つで、本ゲームの常識を覆す数々の伝説を残したことで知られるユニットである

まずはそのメンバー構成を見てもらいたい。

浜口あやめ浜口あやめ浜口あやめ
あやめちゃん
あやめ殿
あやめちゃんお誕生日おめでとう

そう、全員浜口あやめである

元よりソーシャルゲーム版ではカードの種類が違えば同名のアイドルをフロントに入れることが可能で、いわゆる嫁艦隊を作ることが可能なシステムであったが、ライバルユニットでそれをやるのは前例がなかったため、Pたちの間で衝撃をもって迎えられた。

初登場は「第3回ドリームLIVEフェスティバル」。
コンセプトはくノ一アイドルであるあやめらしく「分身の術」。
タネ明かしをすると本物は1人で、残り2人はCG。
スタッフに憧れの演出を話したら実際にやってくれたそうな。
ちなみに本物がどれかは影を見ればわかる・・・というのは設定上の話でメタ的には吹き出しの向きでわかる。

一発ネタで終わると思いきや、むしろこれで味を占めたのか、その後もグレードアップを重ねながら再登場を繰り返すようになった。
現在ではこの分身ネタこそあやめのアイデンティティの一つといえるほどに定着している。

戦場の三忍

戦国公演 天魔の乱」では流れの忍びの役で出演。まさしく1人3役である。

真田忍軍 from 真田十勇士

「戦国公演 風来剣客伝」で登場した際の役名。今回は真田陣営としての出演だが、前作と世界観が同じであることから、設定的に上記と同一人物と思われる。

秘伝☆くのいち

「第13回ドリームLIVEフェスティバル」の上位報酬として出たカードでは、特訓後のイラストで実際に3人に分身するステージを見せるあやめが描かれている。このイラストでは、本物以外の2人がCGであることが分かりやすく描かれている。
さらにイベント内では、ライバルユニットとして再び「くノ一あやめ忍法帖」の名で登場を果たすが、なんと先述の特訓後イラストの姿を背景のCGごと巻き込んだため、結果として5人分身という裏技をやってのけた。
これにより当時はまだライバルユニットの上限が3人までだった中で、初めて5人組ユニットとして登場するという記録を残したのだった。

AYAME忍風伝!!!!!

「ディアリースタークエスト~夜桜奇譚~」では、既にライバルユニットの上限が5人にまで増えたため、実際にカードイラスト5人分の編成で登場。中には[秘伝☆くのいち]特訓後も含まれているが、背景のCGは利用されていない。
こちらは登場するアイドルはみな和風RPG的番組の世界のアバターのような存在であるため、5人のあやめはある意味いずれも本物といえるし偽物ともいえる。

余談

  • 後続になるが、最近はあやめ以外にも複数の同一人物で組まれるユニットが登場するようになってきている。ただし、いずれも一発ネタで終わることが多く、設定としても雑草のように増殖したり天使と悪魔の人格に分裂したり同型機が量産されたりと差別化されているため、あやめのアイデンティティはいまだ健在である。
  • スターライトステージでは、ソーシャルゲーム版と異なり別種のカードであっても同名のアイドルを複数配置することはできないため、同ゲーム内でこのユニットを再現することは現状不可能である。無念。
  • このユニットから着想を得てか、WEBラジオ「デレラジ☆」では、あやめ役の田澤茉純氏が出演した際、多重音声エフェクトを使って分身しているようにあいさつと自己紹介をするのが定番ネタとなっている。
  • 名前の元ネタは、現代のくノ一のイメージの先駆けと言われる山田風太郎原作の「くノ一忍法帖」。原作や初期の映像作品ではお色気とかいうレベルじゃないくらいアレな表現が多用されているので元を知りたい人は注意が必要。


関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
シンデレラガールズユニット アイドルマスターシンデレラガールズのユニット一覧
浜口あやめ

くノ一 嫁分身

関連記事

親記事

浜口あやめ はまぐちあやめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「くノ一あやめ忍法帖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3750

コメント