ピクシブ百科事典

となりの精液さん

となりのすぺるまさん

「となりの精液さん」とは、上連雀三平作の成人向け漫画である。
目次[非表示]

作品解説

2006年8月25日に茜新社から刊行された同名単行本に収録。
ショタ、近親相姦もの、、と一応言っていいのだろうか。
とにかくこの作者らしい滅茶苦茶な展開と
数知れない迷台詞がマシンガンのように繰り出される展開の漫画である。
ライトな絵柄ながらホモシーン、ふたなり描写もかなり多いので、購入の際には要注意。

登場人物

・鷲崎沙弥香
ヒロイン。登場人物の中では比較的マトモだが、毎日絶倫な姉の性欲処理相手を務める。悠にほのかな想いを抱くが…?
・鷲崎ますみ 
OLで、沙弥香の姉で、超絶倫のふたなりで男女問わず食ってしまう。
・伊福部悠
鷲崎姉妹の隣家に引っ越してきた少年。同じ絶倫家族の相手を務める苦労(?)から
沙弥香と仲良くなるが、ますみや担任教師(ふたなり)のせいで
一時期アッー!の道に走る。
・悠の母
見境のない淫乱で、息子の同級生を食い荒らしすぎて問題になり引っ越してきた。息子に
性欲処理をしてもらっている。

迷台詞

・「謝りなさい!! セックスの神様に謝りなさい!! セックスをするのは人間の本能よ! それを否定することは生命の否定にもつながるのよ!! おちんちんがおまんこに出はいりするたびにセックスの神様に感謝しなさいって お姉ちゃん教えたでしょ!!」
・「もう! そんなカッコして! そんなに先生のおちんちんが欲しかったの?」


関連作品



関連イラスト


別名・表記ゆれ



関連イベント


関連タグ


公式が病気上連雀三平近親相姦ショタコン

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

コメント