ピクシブ百科事典

とむらいの鐘

とーてんぐろっけ

『灼眼のシャナ』に登場する“紅世の徒”の組織。
目次[非表示]

新しき世に響き渡る、古き理を送る、ゆえに我らはとむらいの鐘(トーテン・グロッケ)]

概要

紅世の王” 、“棺の織手”アシズを中心に組織され、16世紀初頭にフレイムヘイズ兵団との『大戦』の結果消失した当時最大級の“紅世の徒”の組織。「同胞に仇を為すフレイムヘイズを駆逐し、安寧なる世界を作る」という目的を持った戦闘集団である。その総員は万を超え、ヨーロッパのブロッケン山に要塞を築き、拠点としていた。[とむらいの鐘(トーテン・グロッケ)]の名はアシズに曰く「世に新しい理を作る際に、古い理に対してとむらいの鐘を送る」という意味を持つ。

メンバー

首領

“棺の織手(ひつぎのおりて)”アシズ

九垓天秤

[とむらいの鐘]における最高幹部である“紅世の王”たち。
“大擁炉(だいようろ)”モレク
“虹の翼(にじのつばさ)”メリヒム
“甲鉄竜(こうてつりゅう)”イルヤンカ
“闇の雫(やみのしずく)”チェルノボーグ
“凶界卵(きょうかいらん)”ジャリ
“巌凱(がんがい)”ウルリクムミ
“架綻の片(かたんのひら)”アルラウネ
“焚塵の関(ふんじんのせき)”ソカル
“天凍の倶(てんとうのぐ)”ニヌルタ
“戎君(じゅうくん)”フワワ

関連タグ

仮装舞踏会(バル・マスケ)
革正団(レボルシオン)
巌楹院(ミナック)
百鬼夜行

pixivに投稿された作品 pixivで「とむらいの鐘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2642

コメント