ピクシブ百科事典

覚の嘨吟シャヘル

かくのしょうぎんしゃへる

灼眼のシャナにとうじょうする紅世真正の神の1柱である女神。
目次[非表示]

CV/甲斐田裕子

概要

天上の業火“アラストール”と祭礼の蛇と同じく “紅世”の真正の神々の1柱で、作中に登場した唯一の女神にして『喚起』と『伝播』の権能を司る『導きの神』。
の色全てを掻き消す忘我の色と称される純白

彼女の持つ『喚起』と『伝播』の力は、例えであったとしても、紅世の世界の住人であれば強制的に他心通(神託)を通じて、自身が知らせたい自称を伝えることが出来る非常に強力なもの。しかし、彼女自身は実体を持たない神霊として自身の眷属との間を漂う「世界法則の体現者」としての機能のみに特化した「ただそれだけの存在」であり、自身の持つ『喚起』と『伝播』の権能を行使して導きなくば儚く失せる新たな灯火を見出した時のみにしか現れない。よって、新たな事柄でありながら今あるままに放っておいても成るもの、既にその流れができあがっているものは含まれない為、彼女が顕現する非常に少ない(祭礼の蛇曰く「珍しがりや」)。

神意召喚に応じた眠りに就く事も無く、常に自身の権能を使って徒たちへと伝える事柄を探しているという得意な存在の神であり、実体を持っていないが故に、個人として物事を見聞きすることが出来ない。その為創造神・祭礼の蛇により眷属という世界システムが構築された後、探知に長け好奇心旺盛な“徒”たちを眷属に任命し、彼らのを通して導くに値する物事を探しており、そのような事象を見つけた時のみ、その眷属を生贄として神意召喚され顕現する。

なお、自身が見出した前代未聞な新たな灯火を「全世界に知らせる」という行為しか行わない為、本当に実在するのか?と疑っている徒たちも多い。また、その知らせるタイミングが大抵、振り回される方にとって最悪のタイミングで告知されるため、振り回される当事者にとっては災難以外の何物でもないという事が多く、言葉だけで多くの者を唆し物事を変質させる神として、多くの“徒”から忌み嫌われている存在でもある。

物語の終盤、とある事象を徒たちに伝え、祭礼の蛇が想像した新世界『ザナドゥ』へと全徒へ促すなど、物語の重大な事柄を起こす切っ掛けを作った。

余談

名前の由来はカナン神話(ウガリット神話)に登場する暁の女神「シャヘル」。

関連項目

灼眼のシャナ アラストール 祭礼の蛇 女神 紅世の徒

コメント