ピクシブ百科事典

アラストール

あらすとーる

アラストールとは、「灼眼のシャナ」のキャラクターである。※シャナの後ろにいる人物。

概要

CV:江原正士(アニメ版)
CV:大塚明夫(CD版)

天壌の劫火アラストール
シャナと契約している男性の紅世の王。
天壌の劫火とは、彼の本質をこの世の言葉で表した「真名」と呼ばれる本名である。
「全てを焼き尽くす」というような意味を持つ。
アラストールとは通称であり、神話の神の名からとっている。

普段はシャナの中に休眠し、金の輪を意匠した黒い宝石コキュートスの付いたペンダント型の神器から意思を表出させている。
顕現した姿は、灼熱の炎の中に漆黒の塊を秘め、夜空を思わせる皮膜を張った翼と本物の灼眼を持った有翼有角の巨人を形作る紅蓮の焔となる。

天破壌砕


紅世の徒の中でも神と呼ばれる「世界法則の体現者」であり、紅世真正の魔神、天罰神とも呼ばれる。
また、その特性から唯一、同のじく、紅世の徒の神である“祭礼の蛇”を殺せる存在にして、彼が創り出す完全一式 を破壊することの出来る唯一無二の存在でもある。

神だけに威厳のある人物には違いないが、割と世話好きにして女性に対して押しが弱いなどの一面を見せたり、かつての契約者にして好意を抱いていたマティルダ・サントメールの忘れ形見ともいえる存在であるシャナに対して『女の子』の面に話が及ぶと、親バカ丸出しの保護者意識を剥き出しにする(特に初期の方ではシャナが無意識に好意を持っていた悠二に対し、それとなく厳しく当たっていた…)の傾向が強く、また、シャナをフレイムヘイズとしてのみに育てすぎたため当初、女性としての常識を教えていなかったりと割と抜けた所もあり、神様としてどうなのかと疑いたくなってしまう部分もある。

なお、悠二のである千草に対しては、自身が及ばぬ女心や恋愛面そして保護者としての経験と認識の深さからから尊敬の念を抱いており、敬意を持って接している。

関連タグ

灼眼のシャナ

pixivに投稿された作品 pixivで「アラストール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62723

コメント