ピクシブ百科事典

なばたとしたか

なばたとしたか

なばたとしたかは、日本の絵本作家/イラストレーター。

昭和52年3月30日、石川県鶴来町(現在の白山市)生まれ。

平成14年、GEISAI-3 毎日新聞スカウト賞を受賞。
平成15年、毎日新聞『weekly くりくり』に作品を連載。
平成18年、初の絵本『こびとづかん』(長崎出版刊)を発表。各方面より大きな反響を呼んだ。

その後『みんなのこびと』、『こびと大百科』、『こびと観察入門』(ともに長崎出版)を刊行。子どもから大人まで幅広い層で人気を集め、現在シリーズ累計180万部に及んでいる。

その他のこびと作品に、『こびとかるた』、『かく・きる・ぬーる こびとドリル』『みんなできーる こびとドリルX』、創作絵本に『いーとんの大冒険』(いずれも長崎出版)などがある。

また、『美人とは何か?』(中村うさぎ著/文芸社刊)で挿絵を担当した。

現在、本の制作を中心に、イラスト、映像、マスコットキャラクター製作と幅広く活動している。

関連記事

親記事

イラストレーター いらすとれーたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「なばたとしたか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68

コメント