ピクシブ百科事典

まさむね

まさむね

まさむねとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:矢部雅史

No16
種族イサマシ
ランクA
スキルいっせん(クリティカルがでやすい)
好物
嫌いなもの
こうげき閃光ぎり
ようじゅつつむじ風の術
必殺技名刀マサムネ(正義の名刀で敵1匹を成敗する。クリティカルがでやすい)
とりつき名刀パワー(とりつかれた妖怪は名刀マサムネの力で、ちからがアップする)

武士としての心をゆさぶられる名刀と出会い剣の道にまいもどった妖怪剣士。かつてきたえた剣のうでで悪党を成敗する。(妖怪大辞典より)

ゲーム

しょうブシに「名刀マサムネ」を合成する事で友達になれる。
肌はあずき色。オレンジ色の炎が灯った笠を被り、袴の上に青いマントを羽織っている。また腕(と、恐らく足)に灰色の包帯を巻いている。
少々やる気の無い目をしていたしょうブシから一変、勇ましくつりあがった目になっている。良く見ると目は青色に見える。彼の名前そのものでもある「名刀マサムネ」は少なくともゲーム中では肌身離さず持っており、まさに彼の象徴と言えよう。
個体によって違うだろうが、ゲーム中で聞ける台詞は「~じゃ」「~のう」といかにも武士、といったような口調であり、一人称は「拙者」、二人称は「お前」。

荒くれで育てるとこれぞイサマシ族、と言わんばかりの高いちからを持つようになる上、派生のむらまさくさなぎと比べるとHPも高め。
反面守りは低いが、厳選するとちから300越えも夢ではない。少なくとも筆者は越えた。
必殺技である“名刀マサムネ”は対象一体に大ダメージを与える技で、クリティカルが出やすいという効果もある。“妖刀ムラマサ”と違い一発に全てが託されるため、外した時のこちらへの(精神的)ダメージはかなりのもの。
また、合成に必要な「名刀マサムネ」はサブクエスト以外での入手方法が刀の中で一番面倒臭い。
しょうブシ自体も好物が魚かつ友達になりにくい為、泣かされる人が多い。
これらの要因から、達成感ゆえに愛用する人はどこまでも愛用する。ラスボス戦でお世話になった人も多いのでは。
逆に言えば魚釣り、虫採りさえ頑張れば何人でも合成できる。
どうでも良いがイケボである。

正義の心を持つ、といういかにもサブクエストで活躍しそうな設定があるにも関わらず、サブクエストに登場しなかったり、寧ろ色違いの「なまくら」という指名手配妖怪として登場するなど、不遇な扱いを受けている。しかも指名手配の内容が割と罪深い。
それに比べむらまさはうそつき山に登場したり、サブクエストで戦ったりする事もできる。
一応、サブクエスト後の大当たりで登場する。

実はAランクであるため、さすらい荘で粘れば友達になる事ができる。

「まさむね」で検索すると伊達の方のまさむねがひっかかる事が多いので、妖怪ウォッチタグと共に検索すると良い。

ウキウキペディア

ウキウキペディア第三弾にてしょうブシ、くさなぎと共に実装。
ゲームでは確認できなかった悪党嫌い・名刀大好きっぷりが発揮されているので、
興味がある人は確認してみよう。

関連イラスト

まさむね
まさむねん



関連タグ

妖怪ウォッチ イサマシ族 しょうブシ むらまさ くさなぎ 

もしかして:マサムネ

pixivに投稿された作品 pixivで「まさむね」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306673

コメント