2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ら抜き言葉

らぬきことば

五段以外の動詞の可能形で、「起き-られる・逃げ-られる」のように動詞の語幹に続く場合「られる」というのが、「ら」が省かれて「起き-れる・逃げ-れる」となったもの。文法的には破格だが、話し言葉ではむしろ一般的な表現になりつつある。
目次[非表示]

このら抜き言葉、文法の乱れだとして否定的な意見もあれば、受身・尊敬の「られる」と区別できるとして肯定的な意見もある。
それでもなぜか「考える」を「考えれる」とはあまり言わなかったりする。
実態は「行かれる(ikareru)」⇒「行ける(ikeru)」となったような「ar」抜き言葉だとする意見もある。

派生表現

いずれも文法的には破格。

さ入れ言葉

①五段・サ変動詞の未然形につく使役形で、本来「ーせる」を用いるべきなのを「ーせる」としたもの。「買わーせる・読まーせてもらう・参加さーせていただく」に対する「買わーせる・読まーせてもらう・参加さーせていただく」。
②助動詞「ない」に「すぎる・そうだ」を続ける場合、「な」に直接つけるべきなのを「さ」を介して「ーなそうだ・ーなすぎる」としたもの。「つまらーなそうだ・知らーなすぎる」に対する「つまらーなそうだ・知らーなすぎる」。

れ足す言葉

五段動詞の可能形で、さらに可能の助動詞の「れる」を重ねたもの。「行ける・使える」に対する「行ける・使える」。また、そもそも可能の動詞である「できる」を「できれる・できれたら」と使う例もみられる。

方言におけるら抜き言葉

標準語と文法の異なる方言においては、ら抜き言葉は何ら誤りではない(そもそも別言語であるため、標準語の文法や表現のマナーが適応されない)。
このような方言では、「ら」を抜くか抜かないかで意味が変わることが非常に多い。

例)いずれも両豊弁の場合
客観:ら抜きしない

  1. 賞味期限じゃきー、ほかるよ(賞味期限がきたので、捨てるよ)
  2. まだ食べらるるっちゃ!(まだ腐っていないから、食べられるよ!)

主観:ら抜きする
  1. 作りすぎたきー、ほかるよ(作りすぎたから、捨てるよ)
  2. まだ食べれるっちゃ!(まだ満腹じゃないから食べられるよ!)

関連タグ

日本語
い抜き言葉…こちらも口語としてはほぼ完全に定着しているが、文語では問題とされる表現。

関連記事

親記事

若者言葉 わかものことば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ら抜き言葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16219

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました