ピクシブ百科事典

アイレーン

あいれーん

サンリオのアプリゲーム『SHOWBYROCK!!』の登場人物
目次[非表示]

プロフィール

所属バンドBUDVIRGINLOGIC
担当Vo+Gt
誕生日12月22日
身長142cm
B/W/H71/54/75(Aカップ)
好きなもの自分より小さい物、高い所、名前をつける事
嫌いなもの、苦手なもの家、自分の運命、運動
楽器名ローゼレーヴェシュナイデン(※)
CV野口瑠璃子

※ひみつの因果律量法則!アイレーンちゃん様単行本一巻の初回封入特典で貰えるアバターアイテムより

概要

誰に対しても上から目線な王ライオン族の女の子。
カリスマ性のある美貌・強い言霊王者の風格を持つ。
背は小さい。
幼少期から音楽と帝王学を叩き込まれてきたが、めんどくさがりで運動音痴
よく転んだり、物を落としたり、ドジな面も。
高い所と自分より小さい物が好き。
(アプリ版のミューモン図鑑より)

小さい見た目ながらもバンドのボーカルにしてリーダー。
前述の通り誰に対しても上から目線で、語尾に「~なのだ(のだ)」をつけて話す(決してハム太郎とは関係ない)。
前髪のヘアピンにはダガーがあしらわれており、アニメ二期のバンド紹介ビジュアルでもダガーを肩に乗せているのが確認できる。
公式twitterを含むファンからはアイレーンちゃん様と呼ばれている。

バンドの紹介文にある通りかなりのカリスマを持ち合わせており、多くの観客を下民(という名のファン)へ落としていく。
しかし一方でバンドエピソードでは「くっそ疲れたのだ」と言ってだらけたり、ペイペインの忠告も無視して宿題を後回しにしたり、毎回負けながらもハンドレッコとゲームに興じるなど、結構だらしない一面も持っている。
特にだらしない面についてはスピンオフ漫画「ひみつの因果律量法則!アイレーンちゃん様」にてかなり強調されているので、後述するアニメ版の彼女しか知らないファンは是非とも見てみよう。

アニメ版

二期より登場。二期のストーリーにおいては重要なキーキャラクターである。

一話のアバンでは、闇の女王ヴィクトリアスの命令で放たれたブラックホールカノンによる大打撃で崩壊したMIDICITYにて「×旋律-Schlehit Melodie-」のライブを行い、同時にダガーによる全てのメロディシアンのダーク化を実行させていた。

現在の時間軸ではBRRのライブイベントでシアン以外のプラズマジカメンバーの前にダガーと共に姿を現す(ダガーと共にいる事もあって、この時は大半の登場人物から彼女が闇の女王ではないかと睨まれていた)。

撤退して以降は音沙汰がなかったが、四話にて聖MIDI女学院の高等部生徒(つまりクリティクリスタの先輩)だった事が発覚。
(初出である小説「ぷるぷる♡すとろべりー」でも聖MIDI女学院高等部に通う設定)
またダガーの言葉には普通に従っているらしく(ただし扱いは悪い)、ダガーを信用していないペイペインとハンドレッコからは心配されている。

五話の時点ではひたすら目つきが鋭く、どんな事に対しても「地獄に落ちればいいのだ」と呟くなどアプリ版でのだらしなさは見受けられない。
よく見るとその瞳はどことなく妖しく輝いており、視聴者の多くに「ダガーに洗脳されてキャラが変わったのか」と思われていた。
そして9話でハンドレッコと二人きりになった時のペイペインの「アイレーン様はダガーに会ってから変わってしまわれた」「ダガーに会う前はもっと音楽を楽しんでいた」という発言から、視聴者の予想通りダガーに洗脳されていた事が判明した(実際の所ダガーはアイレーンの音楽を憎む心を利用して洗脳していたようだが、アイレーンが音楽を憎む理由までは知らなかった)。

そしてプラズマジカとの対バンにて「断罪のソリテュード」の演奏を決めるが、事前にクリティクリスタに説得されたペイペインとハンドレッコが闇の音楽を奏でなかった為にダガーの完全復活は果たされず、自身も二人の説得によってようやく洗脳が解除される事となった。
その後の結果発表の際に業を煮やしたダガーによって三人まとめてダークモンスターにされてしまうが、遂に本性を現したアルカレのマネージャー…否、ヴィクトリアスにダークエネルギーを奪われた事で解放された。

闇の女王の正体ではなかったものの、ダガーはアイレーンの音楽を憎む心を利用してダークエネルギーを集めており、更にヴィクトリアスはそのダークエネルギーを利用したことからアイレーンこそがMIDICITYを破滅に導く存在だったとしてもあながち間違いではないだろう。
音楽を憎む心が音楽を死滅させる動機となるのは、ある意味自然なことではある。
なおアイレーンが音楽を憎んでいたのには、とある理由があった…。

コラボ

スマートフォン向けアプリステーションメモリーズ!とコラボし、期間限定のスペシャルでんことして登場した。

でんこNoSB6905
タイプトリックスター
スキルみんな地獄に落としてやるのだ
みんな地獄に落としてやるのだ
編成内のでんこのスキル発動時間を0にする。

関連イラスト

のだーーーー!
闇の蕾少女因果率量法則理論・アイレーン(下民製造機)


関連タグ

SHOWBYROCK!! BUDVIRGINLOGIC







































































アイオーンとの関係

闇の蕾少女
ブラックモンスター


一文字違いの名前を始め、種族や見た目、その中二病っぷりやバンドエピソードで度々垣間見えるやる気のなさアイオーンとそっくりであり、ファンの間では兄妹説が流れている。
公式では今のところ公表されてはいないが、アニメ二期でシンガンクリムゾンズだけが(弁当に夢中で)アイレーンらの襲来に立ち会っていないのもあり、何やら伏線を張っている可能性が高い。
またアプリ版のVer.4への大型リニューアルに伴い追加されたバンドエピソード第7話では、

  • アイレーンにはかつて、ギターの上手な兄がいたこと
  • その兄は優秀だったが、家督を継ぐ重圧に耐えかねて逃げ出したこと
が発覚している。























「みんな貴様のせいなのだ…」


「音楽がこんなに好きになったのも……バンドの楽しさが分かったのも………」



「みんな貴様のせいなのだっ!」



SHOW BY ROCK 10話感無量


そして二期10話にて………遂にアイオーンの実の妹であることが発覚。
映像越しにアイレーンの姿を見たアイオーンは、長い事顔を会わせていなかった妹の登場に驚きを隠せなかった。

疎遠になっていた訳は概ねアプリのエピソードの通りだが、アニメでは跡継ぎの重圧に耐えかねて音楽にしか心を開かなくなってしまい、父親に「音楽をやりたい」と言った末に追い出されてしまったので、家出というよりは勘当に近い(この件を見る限り、アイオーン・アイレーンの実家はサウンドワールドでは珍しい音楽全否定な者達が多い可能性が高い)。
アイオーンがまだ実家にいた時は彼にベッタリの所謂ブラコンであり、「お兄ちゃま」と呼び慕っていた(アプリ版・スピンオフ漫画では「お兄さま」呼び)。
やがて家を出た兄の代わりに跡継ぎの勉強を強いられたのも相まって、慕っていた兄を自分から奪っていった音楽に嫉妬し、憎むようになってしまった。
しかしその音楽の楽しさを教えてくれたのも兄だったので心底嫌いにはなりきれず、シンガンクリムゾンズとして活躍する兄への想いが募ったのか、自らもペイペイン・ハンドレッコと共にバンドを結成し「兄に会う」という目的を密かに秘めてMIDICITYへやってきた(ダガーに洗脳されたのは恐らくその道中と思われる)。

なおアニメ版においてはペイペイン・ハンドレッコとはアイオーンが出て行った後に出会った為、二人もアイレーンに兄がいた事は全く知らなかった(アプリ版ではペイペインは幼少時から仕えているため、この事実を知っている)。

アイオーンと一度再会した時は、彼が自分の「兄に会いたい」という想いを理解していなかった事で、その鬱憤を吐き出すかのようにきつく当たってしまう。
しかしペイペインとハンドレッコに兄について語り、プラズマジカのメンバーとも向き合う形で話した末に、クロウからシアンを通じて託されたシンガンクリムゾンズのCD(シンガンクリムゾンズの楽曲はアイオーンが作曲している)を聞いた後、兄と同じくバンドを続けようと両親を説得するために実家に帰る事を決意。
帰りの電車に乗る時に、仲間から背中を押されて見送りに来た兄からの謝罪を受け、無事に和解する事となった。
最終話のED(詩杏が文化祭で歌う「Close to you」ver)で映った一幕では、無事に両親を説得できたのか笑顔でバンド活動を続けていた。









メロディシアン


「お兄ちゃまー!大好きなのだぁ!!」

pixivに投稿された作品 pixivで「アイレーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 529432

コメント