ピクシブ百科事典

ダガー・モールス

だがーもーるす

TVアニメ「SHOWBYROCK!!」に登場するオリジナルキャラクター(メイン画像右の人物)
目次[非表示]

概要

CV:黒田崇矢
TVアニメ一期の黒幕。
作中における大手レーベル「unicorn virtual music(uvm)」の社長にして、シアンこと聖川詩杏をサウンドワールドに引き込んだ張本人。
ダークモンスター(CGパートでミューモン達に襲い掛かる怪物で、元はアプリにおける各バンドごとのボス)を影で操ってuvmに所属していないバンドをすべて潰し、ゆくゆくはサウンドコスモ全てを支配しようと企んでいる。
uvmと専属契約を交わしたグレイトフルキングの作った曲を弾けるほどのテクニックを持った者として異世界にいるシアンに目をつけ、そして同じように高度な音楽スキルを持ったシュウ☆ゾーダル太夫と特殊バンドを組ませてキングの作った曲を演奏させようとしていた。

ミューモンに宿るメロディシアンストーンを強制的に闇に染める力を持っており、二回目の対バンでプラズマジカに敗北したクリティクリスタをダークモンスターに変貌させたり、プラズマジカを解散させシアンを手に入れる為だけに、シアンに嫉妬しかけていたチュチュを洗脳してuvmに引き込もうとするなどやり方がかなりえげつない。
ちなみに軟禁状態のキングがストロベリーハートに憑依してシアンをサポートしていたのも勘づいており、憑依できる回数が長くない事も知った上で後者の作戦を決行しているので、かなりの策士でもある。

グレイトフルロックフェスにて遂におぞましい化け物としての本性を現し、拘束したメンバーを人質にシアンを洗脳しようとするが、後一歩のところで脱出したキングに阻止される。
その後は「自分だけ元の世界に帰るなんてできない!」と再びサウンドワールドに舞い戻ったシアンの一撃を喰らい、白いスライムみたいな姿になってその場から去っていった。

二期

BUDVIRGINLOGICと共に再登場。
見た目こそスライムのままだがかつてのように黒くなっており、大分力を取り戻している模様。
1話冒頭の『崩壊した未来』では主要バンドほぼ全員のメロディシアンストーンを闇に染めていた。

作中では既にアイレーンの内にある音楽への憎しみを利用し洗脳していたが、何故アイレーンが音楽を憎んでいたかまでは知らなかった。
その後のプラズマジカとの対バンで本来の姿に戻る…………と思われたが、アイレーンの身を案じたペイペインハンドレッコが闇の音楽を奏でなかった為に復活は失敗。
業を煮やして三人も巻き込み、自らダークモンスターに変貌して襲い掛かろうとしたが、そこに突然現れた闇の女王ヴィクトリアスにダークエネルギーを奪われ元に戻ってしまった。

やがてヴィクトリアスが「ぴゅ~るらんどピュルピュルロックフェスの日に全ての音楽を終わらせる」と宣戦布告。
この事態に共に立ち向かおうというメイプル社長の提案で一時休戦・共闘する事となった。

社長「ダガーさん…もういたいけな女の子を洗脳してはいけませんぞ」
ダガー「…ふん」

その後はメイプル社長の頭の上に乗ってるなど、なんだかんだでマスコットのようなポジションに落ち着いていた(とはいえ死んだと思われた社長が黒焦げで戻ってきた時にはさりげなく舌打ちしていたが)。
ヴィクトリアス打倒後は無事にぴゅ~るらんどピュルピュルロックフェスが開催され、闇の音楽ではなくプラズマジカの演奏を受けて完全復活を果たし、ウワサノペタルズの後を追ってきたオガサワラと再会を果たした。

外見

明確なミューモン体は不明(そもそも化け物のような姿にもなってるのでミューモンなのかすら怪しい)で、スーツを着た八頭身の体に黒い大福みたいな顔がついた変な姿をしている。
赤い両目の他に額部分に緑色の第三の目があり、闇の力を発揮する際には目が怪しく輝く。
二期では基本的にスライム状の姿であり、対バンの際に一時的に等身大に戻れたがその後すかさずスライムに戻ったシーンがやたらホラーだった。
二期最終話で完全に戻った時には、後姿かつ一瞬だが頭髪等も描かれていた(ちなみに服装も一期とは異なっていたが、中の人のツイートを見る限り桐生一馬のパロディで間違いないと思われる)。

関連タグ

SHOWBYROCK!!(アニメ)
聖川詩杏 グレイトフルキング←因縁の相手
BUDVIRGINLOGIC←アニメ二期における協力者

pixivに投稿された作品 pixivで「ダガー・モールス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9937

コメント