ピクシブ百科事典

アサシン(LBX)

あさしん

アサシンとは、ゲーム・アニメ・漫画・プラモデル『ダンボール戦機』に登場するLBX(ホビー用小型ロボットのこと)である。本項では、派生機である「グラスター」についても解説する。
目次[非表示]

概要

世界を裏から牛耳っている秘密組織・イノベーターと手を結んでいる神谷重工が秘密裏に開発した特殊任務用LBX。ワイルドフレームを基にしている。 基本装備は専用の狙撃銃「イグゼキューショナー」。
破壊活動や暗殺などの汚れ仕事を遂行するべく開発された、神谷重工第二の軍事用LBX。長距離からの狙撃を得意としており、その他にも優れた隠密性、機動力と接近戦闘力など、任務遂行のための多様な能力を持つ。計画失敗時には秘密を守るために自爆機能まで付いている。

イノベーターではデクーインビットと共に主力LBXとして使用されているが、本機の運用目的上アニメでの出番は少なめ。だが暗殺者のジャッカルが二作にわたってアサシンを用いているため、非常に印象的な機体といえよう。ちなみにアルテミスでの描写から、ジャッカルは少なくとも同じ機体を2機以上は所持しているようだ。

海外版にあたる「Little Battlers eXperience」の名称では「Hitman」。

バリエーション

グラスター

ダンボール戦機ウォーズに登場するアサシンの派生型。ただし脚部はハンターのものをベースとしている。
ロシウス連合の主力として使われているが、プレイヤーを選ぶ傾向が強いのかグレイリオガウンタほど多くは配備されていない。基本装備はグレイリオ、ガウンタと共通。

劇中ではロシウス第13小隊、通称「デスワルズブラザーズ」が使用する青いグラスター「ブルーグリフォン」が3体の連携で発動するフォーメーションアタック「デスグリフォン」を使って多くの戦果を挙げており、デスワルズブラザーズの卑怯さも相まって他国の生徒からは、バイオレットデビルと同等の畏怖をされる存在となっていた。
しかしジェノック第1小隊によるフォーメーションアタック「デルタクロス」(ゲームではハーネス第1小隊の実力)によって、3体とも撃破(ロスト)される。なお、この出来事がきっかけでアラタ(ゲームでは主人公とスズネ)は退学となったデスワルズブラザーズを見送りに来ている。

ちなみに、グレンシュテイムでも銀色に塗装された本機を、領地であるモルドノシティで少数運用している。

装甲娘』において

ゲーム版には旧版、ミゼレムクライシス版共に現状未実装。

関連・派生機体のLBXの装甲娘として、

がいる。詳細は適合者の個別記事参照。

装甲娘戦機において

装甲娘のアニメ作品『装甲娘戦機』にて、まさかの主人公に抜擢されるというダンボール戦機シリーズのファンであればある程驚く事態が発生した(ゲーム版でもレッドリボンの前例はあったものの、あちらは主要メンバーの一人に留まっていた)。

銃火器系の武器を持つLBXの中でも比較的マニアックなアサシンが主人公に抜擢された理由としては、おそらく(殆ど活躍して無いが)原作のアニメに出演歴がある事と、ゲーム版にアサシンのLBCSが未だに存在していない為だろう(にしてももっと良いのが居たとは思うのだが……)。

アニメ版ではLBCSでは無く「LBXユニット」というよりメカニカルな装甲が登場し、それを纏う少女の名前は「リコ」(郷田さんの取り巻きは関係無い)。CVは逢田梨香子
外見や性格はごく普通の美少女と言った所。狙撃の腕は覚束ないらしいが、何故かアサシンのLBXユニットを纏う事になる。

この時点でも驚く要素は十分あったのだが、その後ゲーム版にてハーデスと同タイミングで、ジ・バニャンに次ぐ『WARS』出身の機体として通常版のグラスターが実装された。
おそらくはアニメとのコラボレーション企画の為だと思われるが、唐突すぎるタイミング故に驚いたファンは多かったと思われる。

後に『装甲娘』側でのコラボガチャ枠として実装された。

関連タグ

ダンボール戦機 ダンボール戦機W ダンボール戦機ウォーズ LBX ワイルドフレーム ロシウス連合
DCブレイバー:脚部が本機をベースとしている。
装甲娘戦機:まさかの主人公に抜擢。詳しくは上述の項を参照。

関連記事

親記事

ワイルドフレーム わいるどふれーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アサシン(LBX)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193

コメント