ピクシブ百科事典

オーヴェイン

おーゔぇいん

オーヴェインとは、『ダンボール戦機ウォーズ』に登場した小型ロボット「LBX」のひとつである。
目次[非表示]

概要

ジェノック第1小隊に支給された出雲ハルキ専用の新型LBXであり、アーマーフレームのタイプはワイルドフレーム

恐竜と戦車を組み合わせたようなデザインをした重装甲型。頭頂部には長距離センサーを、脚部にはキャタピラと砲撃時の姿勢を保つためのかぎ爪を装備している。
ドットフェイサー同様、「マルチギミックサック」を搭載しており、状況に応じて武器を組み替えることができる。

デスフォレスト攻略戦時にグルゼオンの攻撃を受けアーマーフレームに歪みが生じ、マルチギミックサック使用のための変形機構が使えなくなるほどのダメージを負った(実質中破)。第二小隊の波野リンコに修理を受けることになる。
修理中にリンコの提案でトライヴァインが作られハルキが使用することになったので、
暗緑色にリペイントされ磯谷ゲンドウが使用することになった。

その後、ゲンドウに譲渡された本機はグルゼオンの攻撃からアラタを庇いロストされてしまうも、後日談小説の『神威島奇譚』にて、神威島を去ったゲンドウの代わりにリンコが本機の二代目を使用し、ランキングバトルでスクラップの山を築いている事が判明した。

基本装備は、新機軸「マルチギミックサック」のひとつである「オーハンマー」。背中に搭載された大型ユニットとの連結により「オーキャノン」へと姿を変え、遠近両方で高い能力を発揮出来る他、ゲーム版では固有必殺ファンクション「オーキャノンFBM(フルバーストモード)」の使用を可能とする。
しかし、上記の様な形式のギミック故に、オーハンマーが破損すると実質戦闘不能になるという重大な弱点を抱えてしまう事になり、特にバンデットとの戦いにおいて、その弱点が大きく露呈してしまった。
また、背中に巨大な背負い物を搭載する都合上、ゲーム版では装備自体が不可能なLBXも複数体存在している。

派生機体

オーヴェインT-M(タイプ・エム)

ゲーム版にのみ登場する、ミネルバ改カラーのピンクと黒を基調としたオーヴェイン。
オリジナルのオーヴェインと異なり、デフォルトで搭載されているスピードアップチップがナックル系装備に対応したものとなっている。
前作『W超カスタム』との連動パスワードでのみ入手可能な、『ウォーズ』では珍しいパスワード機体のひとつ。

装甲娘』において

メインシナリオシーズン2公開後の公式のプロデューサーレターにて、グルゼオンと共に実装される事が確定。現在はまだ開発途中の段階にあるとの事。

余談

メインキャラの機体という事もあり、当然本機のプラモデルも発売されていたのだが、実はワイルドフレームLBXのキット化は無印のフェンリル以来であり、一部の通販サイトで限定販売されたものを含めても、『W』序盤に登場したハンター牙以来の事だった。

関連タグ

ダンボール戦機ウォーズ LBX ワイルドフレーム 出雲ハルキ 磯谷ゲンドウ 波野リンコ
僚機:ドットフェイサー / バル・スパロス / ライフェイン
トライヴァイン / レオローダー:オーヴェインの後継機もとい改修機。

関連記事

親記事

ワイルドフレーム わいるどふれーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーヴェイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15765

コメント