ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『ダンボール戦機WARS』において、ラボのLBX基礎ランクを3まで上げると作成可能になるストライダーフレームのLBX。
 作成可能タイミングから考えるに、ドットフェイサーバル・スパロスオーヴェイン(それぞれブロウラー、ナイト、ワイルドフレーム)と組になる機体であると思われる。
基本装備は棍「ライドブレイカー」。マルチギミックサックにより、ナックル「ライドナックル」、バズーカ「ライドバズーカ」に組み換え可能。

特徴

 ストライダーフレームの長所である機動力の高さを「徹底的に装甲を削る」というコンセプトで実現させているとおぼしき機体。
 装甲自体に溝が彫られていることにより複数の箇所でコアスケルトンが露出している他、コアボックスを保護する胴部装甲が最低限の薄さになっているなど、極端に装甲の量が少ない(一応、腕や脚の接合部といった重要な部分には盾状の装甲板が取り付けられてはいる)。
 一方で、全体的なデザインはやや角ばったものであり、若干アンバランスな印象を感じさせる。
 ドットフェイサー等の機体と同様にマルチギミックサックに対応しているほか、ドットフェイサー同様に脚部にホイールを備えている。

派生機

マリーフェイン

せーらー !


 水兵のような外観となったライフェイン。
 水中戦にも対応できるように強化されているのが特徴。
 顔パーツもセイレーン系列の機体に近いものになっており、手足の形状以外は面影がない。
 スカート型の追加装甲やポニーテール状のパーツなど、女性的な要素が目立つのが特徴。

タータンフェイン

 タータンチェックの装飾が施されたエゼルダーム仕様のマリーフェイン。
 ランキングバトルにおいてシャーロット・レインが使用する。

ヴェスパー/メリッタ/テルミティー

 後継機。
 蜂のようなデザインが特徴で、「ラグナロクフェイズ」が使用可能。
 専用武装であるマルチギミックサック「ハニカムスピア」を装備している。

作中の活躍

ストーリー中では一切登場無し。
一応、ランキングバトルにおいて僚機として使用するプレイヤーが数名いる。

余談

 マルチギミックサック対応機の中で、この機体のみゲーム及びメディアミックスにおいて活躍する場面が一切ない。
 その理由は、ウォータイムにおける小隊の戦闘要員が三人一組であるため「四機目」であるこの機体が余ってしまうことに加え、独特の形状により、立体化が困難であることが原因だと思われる。
 肩の関節は既存のストライダーフレーム機のものが流用可能だが、両手足にコアスケルトンが露出した部分があるため、忠実な立体化はコスト面で困難だったと思われる(一応、HFシリーズでの立体化はできなくもないだろうが、細さゆえに強度不足になる可能性がある)。
 これらの都合上、メディアミックスに登場させることは難しかったのだろう。

関連タグ

ダンボール戦機ウォーズ LBX

pixivに投稿された作品 pixivで「ライフェイン(LBX)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119

コメント