ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ズンチャッチャッ♪ズンチャッチャッ♪

どぉりゃぁ~!!あは~ん♡

アドン:戸谷公次(愛・超兄貴)・玄田哲章(究極無敵銀河最強男)・林良和(零・超兄貴)
サムソン:郷里大輔・御園行洋(零・超兄貴)

概要

超兄貴シリーズにおけるイダテンオプションであるマッチョの二人組。牢に閉じ込められていた「アドン」と「サムソン」を解放した事でイダテンを兄貴分として慕う。

色黒で黒のビキニパンツを履いているマッチョが『アドン』で、赤いビキニパンツを履いているのが『サムソン』である。

スキンヘッドの頭頂部に穴があるが、ここから弾を出したり漢の最終兵器である「メンズビーム」を放つ。
初出の「超兄貴」ではオプションでありながら個別の判定を有しており、彼らにもプロテインを渡さないとショットは強化されず、敵弾を受け続ける・地形に押し潰される等されるとだんだん回転が鈍くなっていき終いにはやられてしまう。
…ムキムキの見てくれのわりに割と貧じゃ…敏感なのである。

ちなみに初代「超兄貴」では両手にあるのはパワーウェイトではなく手枷で、しかもビキニパンツではなく貞操帯という何とも言えない姿だった(牢獄からイダテンに解放されてすぐに駆け付けたため)。顔も現在のように暑苦しくも柔和な顔つきではなく険しい顔つきだった。

しかも第二作「愛・超兄貴」では兄貴分であるイダテンを差し置いて(行方不明ゆえ)主役に抜擢されてしまった。この頃から暑苦しくも柔和なスマイルのキャラクターデザインが定着していくようになる。

実は『バラン』という兄がいるらしい。零・超兄貴に於いてショウテン(ボ帝存命時には大銀河ボディビルコンテスト万年二位の実力の持ち主。ガネーシャよろしくゾウの覆面を被っている)のオプションとして登場(CV:名村幸太朗)。…コイツもコイツでベンテンの姐さんにイタズラしイダテンに罪を擦り付けて逃げると言うロクでもねえ奴なのだが。
無論すぐバレてイダテンとベンテンに兄弟揃ってボコられ、アドンとサムソンは勿論イダテンやベンテンからも目の敵にされている。当の本人は全く懲りてないってのがまた…。

ちなみに「アドン」「サムソン」「バラン」の名前はいわゆるソッチ系雑誌のタイトルが元ネタ。

ところで…


あの、一つだけ聞いていいですか?

オゥケイ!

何故あなたは超兄貴なの?

グレイト…!

それは!(デン!)

それはッ!!(デン!)

「うぉっ!?兄貴ィ…もう、ダメだっ…(ちゅどーん!!)」

…冗談はさておき、よく勘違いされやすいが「アドンとサムソン」そのものが兄貴では無い。彼らが敬愛するイダテンこそが兄貴なのである。
その理由は、かつて天界に居た際にひょろひょろの天使たちをいじめていた罰で牢獄に幽閉。で、前述のように物語が始まる前にイダテンが解放してくれた事に恩義を感じイダテンを「兄貴」と呼び慕うようになったのである。
…投獄の理由が至極真っ当で自業自得なんじゃねーか、と突っ込んではいけない。

なお、時系列では超兄貴以前となる実写を採用したPS・SS「究極無敵銀河最強男(後のボ帝ビルである)」ではイダテン・ベンテンらとの共闘を経てイダテンに褒められた事をきっかけに兄貴と呼び慕うようになった…とされている。
…でもそのしばらく後にアドン・サムソンは天使たちをいじめた罰で投獄される事になるのだが。イダテンは兄貴として彼らの慢心を見抜いていたのだろうか?

関連項目と私

超兄貴 マッチョ ボディビル

アドン(曖昧さ回避)···上記以外の「アドン」についてはそちらの記事へ

関連記事

親記事

超兄貴 ちょうあにき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アドンとサムソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6730

コメント