ピクシブ百科事典

アルザード

あるざーど

アルザードNP-1はOVA『新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA』に登場するサイバーマシンの一台。
目次[非表示]

概要


新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGAに登場するサイバーマシン


マシン概要

名雲京志郞のチームが 兄 名雲征が制作した機体を雛型に AOIの研究開発部門で製作したサイバーマシン。
 凰呀と同様の多段変形機構を持ち、サ-キットモード、エアロモード、エアロブーストモード、3モードの変形可能。変形機構についてはレアメタルを使用し、高速度での変形が無理なく行える。
 車軸配置は、前4輪・後4輪の8輪仕様であり、エクスペリオンなどの過去のアオイのCF車と共通性は少ない。
搭載サイバーシステムは フィル専用がバイオコンピューター、加賀専用が従来型ハイパーニューロコンピューターと制御システムと、外観も大きく異なっていた。
シーズン開幕当初から他のマシンを圧倒する速さを見せたものの、その実態は薬物を併用しドライバーをマシンが支配する人間が乗るレースマシンとしては到底許されざるものであった。


サイバーシステム概要

 高性能ではあったものの、いかなるドライバーも対応できずに事故を頻繁させた凰呀の経験から「ドライバーが対応できないなら バイオコンピューターがドライバーをもコントロールすれば良い」という方針に至り、オリジナルよりやや扱い易くディチューンしつつ、レース中の一切の判断を機械に委ね、神経薬αニューロを投与した専任ドライバーをCSが制御することでドライバーの操縦では不可能なミスの無い最速の走りを再現し、開幕当初から圧倒的な速さを見せた(加賀typeは従来のCSだったため フィルtypeほどの速さは無く、他よりやや速い程度でしか無い)。

だが、ドライバーをサイバーマシンが支配する傀儡システムは明確なレギュレーション違反であり、事件発覚後はフィル・フリッツは失格処分と全ポイント剥奪 (加賀は傀儡システム非搭載だったためポイント剥奪を免れる)。AOIはZipも含め1年の出場停止処分となり、復帰後は片落ちした機体での参加となった。

 この前代未聞のCF界始まって以来の最大不祥事は以降アルザード事件と呼ばれる様になる。

関連タグ

サイバーマシン
アスラーダ
凰呀
名雲京志郎
加賀城太郎

コメント