ピクシブ百科事典

凰呀

おーが

凰呀とは、『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN』に登場するサイバーマシンの一台。
目次[非表示]

概要

凰呀(OGRE AN-21)はSAGAで登場したアルザードのベースでオリジナルアルザード とも呼ばれる。
cv:天野由梨
※ただし「凰呀」の声であるという制作側からのコメントはない。

 名雲京志郞のチームが 設計思想の違いから風見広之と袂を分けた兄名雲征が制作した3台の試作マシンの3号機をベースにAOIの研究開発部門で製造したサイバーマシン。
 アルザードと同様の多段変形機構を持ち、サ-キットモード、エアロモード、エアロブーストモード、ス-パ-エアロブーストモード、ミラ-ジュターンモード 5モ-ドの変形可能。変形機構についてはアルザードと同じくレアメタルを使用し、無理ない変形を行う。
 車軸配置は、アスラーダ・プロジェクトから途中で別れた関係から前4輪・後2輪の6輪仕様であり、兄弟機というべきアスラーダとの共通性が強い反面、エクスペリオンなどの過去のAOIのCF車と共通性は皆無で、唯一2段ブースト作動時のフロント車幅を縮小するス-パエアロブーストモードに残すのみとなっている。
 機構作動原理は不明であるがブースト時に2段階に渡って加速する。

 バイオコンピューターCSは名雲征の「究極のレースマシンの追求」というマシンの高性能化思想に則った『常に最速のみ』を追い求めていくもので“補助”や“補強”の域を超えた、ドライバーと共に走る“共闘”の域まで可能で完全に機能すればドライバー単独では成しえない究極の走りが可能な超高性能なもの。
 しかし、マシンとドライバーの共闘するのに必要な運転への配慮や譲歩など人間に歩み寄りる機能が全くなく実力を発揮することは事実上不可能であった。

 ドライバーを顧みず、だだ最速を求める性質から走行時、常に過度の走行補正を独断で行い(挙動が大きく変化するモード変更を勝手に行う,追加ブーストを勝手にかけるなど)運転技術の未熟なドライバや限界走行に弱腰なドライバーにも本気の限界走行を要求させ、結果的にテストドライバーを2名も死亡させる惨事を起こし、長きに渡り封印される原因になっていた。(風見広之もこの事態を予期しており(人間の成長を待たずに)マシンのみを進化急ぎすぎるのは危険だと主張し意見対立の原因となったが、皮肉にも試作1号、2号それぞれで1名のテストドライバー死亡という最悪の結果によって証明される)。
 そのため、総合性能では最強のアスラーダAKF-0/Gと唯一対等に戦える究極の高性能を誇るが前述のCSの過激な性格と相まって誰にも乗りこなせない文字どうりモンスター食人鬼(オーガ)と化してしまったため、長きにわたって封印され、代わりに本機をディチューンした上で 薬物を併用しドライバをマシンが支配する傀儡機構を備えた アルザードが開発されている。

 しかし、アオイチーム がアルザード事件後の1年後の謹慎復帰戦で2年落ちのマシンで惨敗。チーム存続の危機を乗り越えるための起死回生策として本機の封印が解かれ加賀をメインパイロットとして実戦投入された。
ただし、加賀の腕をもってしてもゼロの領域を駆使してなんとか事故を起こさずに走れるといった状態で前述のドライバーとの信頼関係醸成が極めて困難なシステム特性もあって、マシンへの不信感からまったく相互に全くかみ合わず悪戦苦闘、完全に乗りこなせたのはグランプリ最終レースの最終盤になってからである。(チーム監督のグレイは走行不安定になっている原因が加賀にあり「加賀が凰呀を信じ切れず限界まで踏み込めていない」ためであることを見抜き何度も もっとマシンを信じるよう助言を与えていた)

なお、アスラーダもマシンと人間が協調することでハイレベルな走行を与えるが、時間は掛かるもののサイバーシステムにドライバーの技量や心情を考慮する機能を施され、対立や破綻は発生しない)。






関連イラスト

とりあえず、凰呀を投稿
凰呀



関連タグ

サイバーマシン 
アスラーダ

名雲京志郎

加賀城太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「凰呀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1279

コメント