ピクシブ百科事典

アルノー・G・ヴァスケス

あるのーぐれいゔぁすけす

アルノー・G・ヴァスケスとは、PlayStation2 RPG『WILD ARMS the 4th DETONATOR』の、主人公の一人である。
目次[非表示]

首から上には、自信があるのさッ!
CV:高橋広樹

プロフィール

性別
年齢18歳
身長174cm
武器スロウナイフ
クラスフォーミュラユーザー
好きな定食メニューお好み焼きとごはん(主食と主食の組み合わせ)


人物像

「首から上だけは一人前」と自称する渡り鳥(ファルガイアにおける冒険者)。
整った顔立ちと優れた頭脳、饒舌な口を持つが、その一方で体力や度胸は人並み以下で、自身は大人であると自負しているが、いざとなったら足がすくんでしまう臆病者(チキンハート)。
公式CMでは「臆病者で口ばっかり」と言われた。

幼い頃に死んだ母親に会いに行きたいという一心でかつてパイロットであった父親から飛空機械の操縦を教わっているが、借金まみれになって取り立てに屈する彼の姿に辟易する。それがきっかけとなり、姓の「グレイ」をミドルネームとして隠した上で、母方の「ヴァスケス」を名乗るようになった。そして「剃刀の様な鋭い思考を得る」、「騙される位なら、騙す側になる」と必死で勉学に励んできた過去を持つ。

当初は議会騎士団に雇われてユウリィの身柄の確保に協力していたが、議会騎士団軍の隊長・トニーのやり方に嫌気が差し離反してジュードに協力。
それ以降半ば巻き込まれる形で彼らの旅に同行する。

味音痴でラクウェルの料理をまともに食べられる数少ない人物。
何かと彼女の事を気にかける一面が見られ、その甲斐あってか後にラクウェルと結ばれる。
そして、エンディング後に治療法を探すためにラクウェルと旅に出る。
旅先で結婚しラクウェルが子供(女の子)を授かりその後、ラクウェルは「美しいもの」を見つけ、幸せな最期を迎えた。
なお娘の名に関しては厳密な名称設定は公開されておらず、小説版では「小(リトル)ラクウェル・G・アップルゲイト」という名称が使用されている。

戦闘スタイル

攻撃・妨害系のフォーミュラ(術式、いわゆる魔法)を“人並み”に習得しているが、所詮は凡才に過ぎないため、威力そのものはむしろ低い。しかしながら「首から上」の機転によって、戦術、更には戦略レベルにおいてパーティー全体の力を最大限効果的に発揮させる事こそが、アルノーの本領であり、これによって格上を相手に幾度も勝利をおさめていく。
その他のステータスでは、魔術士の常として体力が低く打たれ弱いが、チキンハートらしく回避率が高いため、ある程度はカバーできている(攻撃を受けると、一撃で戦闘不能になる脆さは、抱え続ける)。

武器はスロウナイフ(投げナイフ)を扱うものの、『お洒落』の面が強く、攻撃力では他のパーティメンバー(特にラクウェル)と比較して、明らかに目劣りする。

関連イラスト

\首から上には自信があるんだ/
アルノー


アルノー



関連項目

WA4
ジュード・マーヴェリック ユウリィ・アートレイデ ラクウェル・アップルゲイト

ガウン・ブラウディア

関連記事

親記事

WA4 わいるどあーむずふぉーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルノー・G・ヴァスケス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18448

コメント