ピクシブ百科事典

ウラル・アルタイ語族

うらるあるたいごぞく

ウラル・アルタイ語族とは、古くから信じられてきたウラル語族とアルタイ語族を同系とする仮説のことである。
目次[非表示]

概要

何よりも膠着語であり、SOV語順、母音調和、人称代名詞の類似が挙げられる。これらをもって「ウラル・アルタイ語族」という括りが設けられ、ツラニズムという考え方が生じたりもした。
現在は、証拠不十分を理由に否定されている。インド・ヨーロッパ語族との関連性を指摘する見方もある。

関連タグ

言語 ウラル語族 アルタイ語族 仮説 ツラニズム

この記事のカテゴリ

言語 ウラル語族 アルタイ語族 ツラニズム

関連記事

親記事

言語 げんご

兄弟記事

コメント