ピクシブ百科事典

ウラル語族

うらるごぞく

ウラル語族とは、シベリア中北部、北ヨーロッパ、東ヨーロッパに話者地域が分布する語族のことである。約2,500万人に話されている。
目次[非表示]

概要

フィン・ウゴル語派サモイェード語派に大別できる。
かつてはウラル・アルタイ語族と呼ばれたことがあるが、証拠不十分を理由にウラル語族アルタイ語族に分けられてしまった。
非常に謎の多い語族で、これまでにユカギール語との同系説、アルタイ語族ウラル・アルタイ語族を成すとする説、インド・ヨーロッパ語族インド・ウラル語族を成すとする説が立てられているが、いずれも証明されていない。

特徴

ウラル語族に属する言語には次の特徴がある。
•母音調和
•膠着語
•後置詞言語
•双数
•中舌母音
なお語順は東部は主にSOV型、西部は主にSVO型となっている。

分類

ウラル語族とされる言語は以下の通りである。残念ながら死語となってしまったものも多い。

サモエード語派

北部サモエード語群
ガナサン語
ネネツ語
ツンドラネネツ語
森林ネネツ語
エネツ語
ユラツ語死語

南部サモエード語群
セリクプ語
カマス語死語
マトル語死語

フィン・ウゴル語派

ウゴル諸語
オビ・ウゴル諸語
ハンティ語
マンシ語
マジャル語
ペルム諸語
ウドムルト語
コミ語
コミ・ペルミャク語
コミ・ジリエーン語

フィン・ヴォルガ諸語
マリ語
モルドヴィン諸語
エルジャ語
モクシャ語
サーミ諸語

バルト・フィン諸語
スオミ語
エストニア語
カレリア語
ヴェプス語
イジョール語
ヴォート語
リヴォニア語
※各諸語ごとの系統関係はコンセンサスが得られていないが、以下のような説がある。
フィン・ペルム諸語
フィン・サーミ諸語

母音調和

ウラル語族の母音調和は祖語の時代から存在したと考えられる。バルト・フィン諸語モルドヴィン諸語マジャル語ガナサン語等で存在し、多くが前舌母音後舌母音の対立による「舌の調和」である。母音調和に関与しない母音も存在し、母音調和は接尾辞や前接語を含めた語全体に及ぶという。

関連タグ

言語 アルタイ語族 フィン・ウゴル語派 サモイェード語派

この記事のカテゴリ

言語

関連記事

親記事

言語 げんご

子記事

兄弟記事

コメント