ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
エストポリス伝記
3

エストポリス伝記

3

えすとぽりすでんき

「エストポリス伝記」とは、タイトーから発売されたロールプレイングゲーム、及びそのシリーズである。

シリーズ全体

概要

『伝説の剣・デュアルブレード』に選ばれた勇者たちが恐怖・殺戮・混乱・破壊を司る「四狂神」と呼ばれる邪神との戦いを描いたロールプレイングゲーム。


第1作はそれほど特徴のない比較的オーソドックスなRPGであったが、

続編『エストポリス伝記Ⅱ』は多くの要素が追加され一気に人気が出た。Pixivでもイラストは『Ⅱ』のものが多い。

ただし第1作も終盤の展開の評価が高く、ファンならプレイして損のない作品である。


シリーズの時系列が少々変わっており『Ⅱ』が第1作の約100年前の話になっている。

正確に言えば、第1作で過去の伝説として描かれていた戦役を描いたのが続編『Ⅱ』である。


元々3部作の予定であったが、デベロッパーの倒産などにより3作目は発売されていない。

『よみがえる伝説』『沈黙の遺跡』といった外伝作品に加え、

タイトーの親会社となったスクウェア・エニックスから『Ⅱ』のリメイクも発売されたが、

未だに『エストポリス伝記Ⅲ』を待ち望んでいる当時のファンもいる。


※シリーズのデベロッパーであるネバーランドカンパニーが存続していれば、完結章『エストポリス伝記Ⅲ~ルーインチェイサーズ~』が発売される予定だった。


シリーズ一覧

ナンバリング・外伝

発売年タイトルハード備考
1993年エストポリス伝記SFC記念すべき第1作目
1995年エストポリス伝記ⅡSFCナンバリング作品2作目。1の99年前が舞台
2001年エストポリス伝記 よみがえる伝説GBC1作目から100年後を描いた実質的な完結編。四狂神との完全決着を迎える
2002年沈黙の遺跡〜エストポリス外伝〜GBA

携帯アプリ

  • エストポリス伝記Light
  • エストポリス伝記 古の洞窟
  • エストポリス伝記DX 古の洞窟

リメイク

2作目のフルリメイク版。バトルがターン制からアクションに変更されており、ストーリーや登場人物の性格も大きく変えられている。

またエンディング内容は2作目と同じだが、二周目からある条件を満たすと、1作目を意識したと思われる真エンディングに分岐する。


関連イラスト


関連タグ

RPG タイトー スクウェア・エニックス



エストポリス伝記(初代)

概要

伝説の波動の勇者であるマキシムの子孫である主人公がに四狂神の「ガデス」と名乗る男に出会い、

100年前の「第一次・虚空島戦役」最大の敵『四狂神』の復活を知る。四狂神を阻止するためにヒロインであるルフィアと共旅に出るという話。

制作はネバーランドカンパニー。ディレクター、シナリオは宮田正英で楽曲は塩生康範が担当。


システム

レベル上げ制度のRPG。武器・防具に重さが設定してあり、キャラのスピードと装備品の総重量を総合して敵・味方の攻撃順が決まる変則ターン制。


登場人物

  • 主人公

※イラスト右下の赤毛少年

名前はない。英雄マキシムの子孫であり、アレキア剣士隊に所属して日々修練を重ねている。虚空島で四狂神に負けており、そのことがきっかけでルフィアと冒険に出る。武器は剣。

  • ルフィア

※イラスト左下の青髪少女

本作のヒロイン。16歳。青い髪の少女でかつては記憶喪失だった。武器は杖。

  • アグロス

※イラスト右上の逆毛

ロルベニア軍に所属する武闘派な青年。武器はクラブと斧。

  • ジュリナ

※イラスト左上の金髪少女

ハーフエルフの女性(又は女の子)。武器はナイフと爆弾、弓。


  • 四狂神

今回の元凶。『恐怖を司る神「ディオス」』を頂点に『殺戮を司る神「エリーヌ」』、『混沌を司る神「アモン」』、『破壊を司る神「ガデス」』が存在する。


用語

  • デュアルブレード

持つものの精神波動に呼応し共鳴することで行使者の潜在能力を飛躍的に高める。圧倒的な力を持つ四狂神に英雄マキシムはデュアルブレードをもって対抗した。



関連イラスト


関連タグ

エストポリス伝記Ⅱ

シリーズ全体

概要

『伝説の剣・デュアルブレード』に選ばれた勇者たちが恐怖・殺戮・混乱・破壊を司る「四狂神」と呼ばれる邪神との戦いを描いたロールプレイングゲーム。


第1作はそれほど特徴のない比較的オーソドックスなRPGであったが、

続編『エストポリス伝記Ⅱ』は多くの要素が追加され一気に人気が出た。Pixivでもイラストは『Ⅱ』のものが多い。

ただし第1作も終盤の展開の評価が高く、ファンならプレイして損のない作品である。


シリーズの時系列が少々変わっており『Ⅱ』が第1作の約100年前の話になっている。

正確に言えば、第1作で過去の伝説として描かれていた戦役を描いたのが続編『Ⅱ』である。


元々3部作の予定であったが、デベロッパーの倒産などにより3作目は発売されていない。

『よみがえる伝説』『沈黙の遺跡』といった外伝作品に加え、

タイトーの親会社となったスクウェア・エニックスから『Ⅱ』のリメイクも発売されたが、

未だに『エストポリス伝記Ⅲ』を待ち望んでいる当時のファンもいる。


※シリーズのデベロッパーであるネバーランドカンパニーが存続していれば、完結章『エストポリス伝記Ⅲ~ルーインチェイサーズ~』が発売される予定だった。


シリーズ一覧

ナンバリング・外伝

発売年タイトルハード備考
1993年エストポリス伝記SFC記念すべき第1作目
1995年エストポリス伝記ⅡSFCナンバリング作品2作目。1の99年前が舞台
2001年エストポリス伝記 よみがえる伝説GBC1作目から100年後を描いた実質的な完結編。四狂神との完全決着を迎える
2002年沈黙の遺跡〜エストポリス外伝〜GBA

携帯アプリ

  • エストポリス伝記Light
  • エストポリス伝記 古の洞窟
  • エストポリス伝記DX 古の洞窟

リメイク

2作目のフルリメイク版。バトルがターン制からアクションに変更されており、ストーリーや登場人物の性格も大きく変えられている。

またエンディング内容は2作目と同じだが、二周目からある条件を満たすと、1作目を意識したと思われる真エンディングに分岐する。


エストポリス伝記(初代)

概要

伝説の波動の勇者であるマキシムの子孫である主人公がに四狂神の「ガデス」と名乗る男に出会い、

100年前の「第一次・虚空島戦役」最大の敵『四狂神』の復活を知る。四狂神を阻止するためにヒロインであるルフィアと共旅に出るという話。

制作はネバーランドカンパニー。ディレクター、シナリオは宮田正英で楽曲は塩生康範が担当。


システム

レベル上げ制度のRPG。武器・防具に重さが設定してあり、キャラのスピードと装備品の総重量を総合して敵・味方の攻撃順が決まる変則ターン制。


登場人物

  • 主人公

※イラスト右下の赤毛少年

名前はない。英雄マキシムの子孫であり、アレキア剣士隊に所属して日々修練を重ねている。虚空島で四狂神に負けており、そのことがきっかけでルフィアと冒険に出る。武器は剣。

  • ルフィア

※イラスト左下の青髪少女

本作のヒロイン。16歳。青い髪の少女でかつては記憶喪失だった。武器は杖。

  • アグロス

※イラスト右上の逆毛

ロルベニア軍に所属する武闘派な青年。武器はクラブと斧。

  • ジュリナ

※イラスト左上の金髪少女

ハーフエルフの女性(又は女の子)。武器はナイフと爆弾、弓。


  • 四狂神

今回の元凶。『恐怖を司る神「ディオス」』を頂点に『殺戮を司る神「エリーヌ」』、『混沌を司る神「アモン」』、『破壊を司る神「ガデス」』が存在する。


用語

  • デュアルブレード

持つものの精神波動に呼応し共鳴することで行使者の潜在能力を飛躍的に高める。圧倒的な力を持つ四狂神に英雄マキシムはデュアルブレードをもって対抗した。



コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • Capacity【ウェイン×シーナ】

    ■元ネタ:エストポリス伝記~よみがえる伝説~ ■掲載同人誌:『小悪魔な彼女。』(2001年12月) ■カプとか傾向とか:ウェイン×シーナ。ED後。ひたすらいちゃいちゃ。でもシリアス。深読みすれば微エロ? ■そのほか:謎の圧縮ファイルを解凍してみたらその中から発掘(笑)。ウェシーはエロ有りでもOKだと思います。でも今見ると若気の至りでハズカチイですな! ちなみにタイトルを忘却してしまい…確かこのタイトルで良かったはずなんですが。あわわ。
  • 蒼の彼方【デッカ×ティアシリーズ】

    差しのべる、手【デッカ×ティア】(シリーズその1)

    ■元ネタ:エストポリス伝記II ■掲載同人誌:『un Posto al Sole』(2001年8月) ■カプとか傾向とか:ハイデッカ×ティアの続き物その1。1部終了後。シリアス。 ■そのほか:結局未完になってしまったシリーズの最初。
  • First★Step【マキ×セレ】

    ■元ネタ:エストポリス伝記II ■掲載同人誌:『王女様のブランチ』(2007年8月) ■カプとか傾向とか:マキシム×セレナ。1部終了後。ばかっぷる。 ■そのほか:エスト同人最後の原稿。煮詰まってる感が…(笑)日記ひっくり返したら2007年夏コミですた。古いな~。
  • la Perdita -喪失- 【ウェイン×シーナ+ディ】

    ■元ネタ:エストポリス伝記~よみがえる伝説~ ■掲載同人誌:(誌名忘れた…w)(2006年8月) ■カプとか傾向とか:ウェイン×シーナ前提のディ→ウェインかつディ→シーナ(意味分からん) ■そのほか:エスト同人仲間が発行したディ×ウェインアンソロに寄稿したもの。榎個人は思いっきり腐の人ですがエストでは腐れ妄想をしたことがないのでどうしたものか結構迷ったあげく、腐臭のかけらもないモノができあがりました。腐ってないアナタにも安心☆ あくまでもウェシーです。どこまでもウェシーです。そんでもってディはウェインも好きだけどシーナにも惚れてると思いますっていうかゲームやってて絶対ウェイン×シーナ←ディだと思ってなにそれ萌える(*´Д`)ハァハァと悶えておりました。なのでまぁそんなお話です。なお前半は最終戦前後のゲームの台詞をそのままなぞっております。あと一応パーティメンバー全員出ています。
  • 覚醒【シーナ独白】

    ■元ネタ:エストポリス伝記~よみがえる伝説~ ■掲載同人誌:Est! Est!! Est!!! -the Biography of ESTPOLIS 10th Anniversary -(2003年12月) ■カプとか傾向とか:シーナ→ウェイン、というかエリーヌ→赤毛、みたいな ■そのほか:10周年記念誌に掲載したもの(表紙画像もその時の扉絵に色加工しただけ)。シーナがエリーヌとして覚醒してからよみ伝のオープニングに至るまでのお話。記念誌というめでたい本なのに何故こんなどんよりした題材を選んだのだ自分。いやもうこのときは編集作業で手一杯で自分の原稿どころじゃなかったといいますか。150P超える本の編集なんて多分二度と経験できないわー。こんなところでアレですが当時寄稿していただいた皆様、ご協力いただきましたネバランはじめ諸方面の方々、ありがとうございました。誰かこれ見てるかなぁ。 ★よろしければ是非アンケートなど★
    12,901文字pixiv小説作品
  • 記憶、あるいは記録【ミルカ&アイザック】

    ■元ネタ:エストポリス伝記~よみがえる伝説~ ■掲載同人誌:『王子様と私』(2002年12月) ■カプとか傾向とか:ミルカちん&アイザック。海中虚空島突入直前。シリアス。 ■そのほか:カプじゃない話も良いかと思って。
  • 蒼の彼方【デッカ×ティアシリーズ】

    みちしるべ【デッカ×ティア】(シリーズその3)

    ■元ネタ:エストポリス伝記II ■掲載同人誌:未掲載 ■カプとか傾向とか:ハイデッカ×ティアの続き物その3(その1→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20151 その2→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20161)。カーロン北の神殿のアレの直後。エリーヌ視点。シリアス。 ■そのほか:未完のシリーズ。さらにこれは本文も未完。   ★★★あてんしょん!!(必読)★★★ 本気で未完成の文章です。この文章は粗書きのものです。つまり推敲どころか構成の再構築すらしていません。本当に恥ずかしいレベルです。なので公開するつもりはなかったのですが、個人的なケジメで曝します(←ドMです)。 ならちゃんと仕上げてから公開すればいいじゃんとも思わないでもないのですが、仕上げる前にいろいろあって筆を折ってしまい、それ以来全く文章を書いていないため、現在の私の技量では仕上げることができません。この文章も相当酷いですが、多分より酷くぶっ壊すのがオチだと自覚しています。なのでもうこのままUPりますよええいもうどうにでもなーれ☆ というわけで構成のまずさとか用いる単語の選択とかどう考えてもおかしいところ山盛りですが、せいぜいみんなモニタに向かって指さして嘲笑するがいいですよ!(←ドMです。大事なことなので2回ry) ファイル最終更新日時が2008年になっていたので多分それよりもうちょっと前に書いたのかと思われます。   【さらに余談】 一応ですね、ゲーム本編の進行とびたっと合わせています。攻略本などお持ちの方は、北の神殿~アグリオあたりの流れと見比べてみていただければ。個人的にアグリオ壊滅のところがどうもゲームプレイ中に納得がいかなくて、あれこれ妄想解釈したらこうなった。ドヤ!(ばばーん) あ、あと、このシリーズはデッカ×ティアなんですが基本的に で き て い ま せ ん 。 この二人がきちんとくっつくのはもっとずっと先、というのが私のスタンス。 このお話のあとの展開についてはそれこそ全く書いていないので、あとがきにて構想のネタバラしします。   【追記】 ひっそり公開していたのに最近急に閲覧数が伸びたのですがなにこれこわい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
    21,692文字pixiv小説作品
  • 蒼の彼方【デッカ×ティアシリーズ】

    還る場所【デッカ×ティア】(シリーズその2)

    ■元ネタ:エストポリス伝記II ■掲載同人誌:『還る場所』(2002年8月) ■カプとか傾向とか:ハイデッカ×ティアの続き物その2(その1はこちら→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20151)。2部開始直前。シリアス。 ■そのほか:未完のシリーズ。この本は装丁も中身も結構お気に入り。
  • ほしをみるひと【主×ルフィア】

    ■元ネタ:エストポリス伝記I ■掲載同人誌:『おめでとうございます』(2003年8月) ■カプとか傾向とか:主×ルフィア。幼い頃の思い出。おまけでウェイン×シーナ。シリアス。 ■そのほか:ルフィアは滅多に書かないのですが(敷居が高くて)、エストI発売10周年記念のつもりで頑張った…!
  • 明日はきっと、晴れ【デッカ×ルビ】

    ■元ネタ:エストポリス伝記~よみがえる伝説~ ■掲載同人誌:『パンちら』(2006年8月) ■カプとか傾向とか:デッカード×ルビー。ED後。らぶらぶ…? ■そのほか:デッカ×ルビを布教する会。
    10,011文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    頼間リヨ

    読む

pixivision

カテゴリー