ピクシブ百科事典

エリオット=ナイトレイ

えりおっとないとれい

エリオット=ナイトレイとは漫画『PandoraHearts』の登場人物である。 pixivタグとしては、単に「エリオット」となっている場合も。
目次[非表示]

恥を知れ!!!


CV:野島裕史

概要

年齢:16歳 身長:172cm
ナイトレイ公爵家の四男(→嫡男)で、ギルバートヴィンセントの義弟。はねた前髪と八重歯、左目の泣き黒子が特徴。ラトウィッジ校に従者のリーオとともに通っている。愛称は「エリー」。

曲がったことが嫌いな直情型の性格で、「自分を軽視するものに他人を守る資格はない」という、オズとは対照的な信念を持つ。短気で口が悪く素直になれない所がある。エイダ曰く「優しくて頼りになる人」、リーオに言わせれば「聡いのに馬鹿」である。

幼い頃からナイトレイ家の人間だということで中傷されており、「ナイトレイ家の誇り」に執着し、ベザリウス公爵家を敵視する傾向がある。 そのためエイダに辛く当たり、オズとも初めは対立していたが、後に友人となった。
連日の悪夢に悩まされているが、原因は不明。兄達を殺害されており、犯人である首狩りの行方を追っている。
数年前にナイトレイ家がサブリエで運営する孤児院「白き天使の家」に赴いた際、リーオと出会う。喧嘩を繰り返して仲を深めていき、周囲の反対を押し切って従者にした。

作曲の才能があり、毎年母の誕生日に自作の曲を贈っている。
オズが学校に侵入した際も、リーオと自作の曲を連弾をしていた。しかしそれは、グレン=バスカヴィルが作曲した懐中時計のオルゴールと、旋律も題名も同じものだった。

猫派だが、家族がみな犬派なので言い出せないでいる。





以降ネタバレ注意



















チェイン

ハンプティダンプティ
エリオットと、フィリップ=ウェストなどの「白き天使の家」の子供達が違法契約を交わしたチェイン。
分身をつくり、また、何人とでも契約を交わすことができる。
契約者は増えれば増えるほど負担が軽減され、刻印の針の進みが遅くなる。
小さな手足のついた球体で、長い舌を使い攻撃する。
契約者の記憶を改竄する能力を持つ。
100年前のグレン=バスカヴィルレヴィ)の身体がチェインと化したもので、その魂を継承したものを護ろうとする特性がある。

関連イラスト

エリオット=ナイトレイ
もう1度



関連タグ

PandoraHearts リーオ ラトウィッジ組
ナイトレイ家 ツンデレ

関連記事

親記事

ナイトレイ家 ないとれいけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エリオット=ナイトレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 399630

コメント