ピクシブ百科事典

オランダ空軍

おらんだくうぐん

オランダ王国に存在する空軍。

説明

オランダ語で『Koninklijke Luchtmacht』。

起源は、ソーステルベルフ飛行場にて1913年に、オランダ陸軍内に陸軍航空群が創設されたことから始まる。いくつか戦闘機を順序に増やし、小規模ながらもオランダ空軍の基礎が完成された。

太平洋戦争の戦前、航法士およびパイロットが不足し、標準化の欠如によってもたらされた整備の複雑さは、再編成の困難さを増す要因となった。

第二次世界大戦時、大日本帝国軍による蘭印作戦が開始され、オランダ領東インドの領空防衛を担当していた王立オランダ領東インド軍航空隊が応戦するも、空軍を持たない日本になすすべもなく敗戦した。残った航空部隊はその後第321飛行隊に再編成を余儀なくされた。

戦後、陸軍からの独立計画があり、1953年3月27日に陸軍から切り離され独立軍種となり、正式に空軍の仲間入りを果たした。

今日のオランダ空軍では、防空任務を主体としており、F-16戦闘機やパトリオットミサイルを装備しており、航空自衛隊に準ずる能力を持っている。

関連タグ

軍隊 空軍

pixivに投稿された作品 pixivで「オランダ空軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 479

コメント