ピクシブ百科事典

オランダ海軍

おらんだかいぐん

オランダ軍の中の海軍。

概要

オランダ国軍であるオランダ軍を構成する4つの軍隊のうち、海上兵力を担う海軍である(他の3つの軍隊はそれぞれ陸軍空軍護衛軍)。その海軍の下い、水陸両用戦力部門(オランダ海兵隊)と海上航空部門(オランダ海軍航空隊)の2部門が編成されている。

オランダは古くから毛織物産業が盛んであり、それらの商船を根こそぎ狙う海賊が多く点在していた。それらを護衛する為に、沿海域における海上武装部門、それこそがオランダ海軍の始まりであった。

英蘭戦争では、多くの戦列艦を多数建造し、当時の仮想敵国であるイギリスに圧倒的な戦術によって、幾多の海戦を乗り越えてきた。さらに、マールテン・トロンプやミヒール・デ・ロイテル等の名将の活躍もあり、英国を凌ぐ海軍となった。まさに、オランダ海軍の黄金時代だった。しかし、18世紀、オランダはフランス海軍と戦い国力を消耗し、これがオランダ海軍における最初の悲劇でもあった。幾多の大型の軍艦が戦没していき、オランダの有力な植民地はインドネシア(オランダ領東インドが成立するのは20世紀)しかなく、他の列強に比較すると海軍としての格が落ちてしまっていた。

決定的となったのはあの第二次世界大戦で、1940年5月にはナチスドイツのフランス侵攻に伴い、本国がドイツに占領された。短時日の陸戦による戦闘が主であり、海上戦闘はほとんど無かった。また、大日本帝国海軍との戦力差は隔絶しており、1942年に入り、日本海軍がマレー・フィリピンを制圧された。さらに、インドネシア侵攻に至ると、その圧倒的優位に対抗して米・英・豪海軍と連合艦隊を組織して挑むもジャワ沖海戦バリ島沖海戦スラバヤ沖海戦バタビア沖海戦にどれも敗北し、海軍としての戦力が壊滅していった。

戦後、組織を再編し、新生オランダ海軍となった。今となっては規模が小さくなったものの、ヨーロッパ諸国と共同で設計した軍艦などを運用している。

関連タグ

オランダ 海軍 軍隊

pixivに投稿された作品 pixivで「オランダ海軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66

コメント