ピクシブ百科事典

カバネ

かばね

アニメ「甲鉄城のカバネリ」に登場する動く死体。
目次[非表示]

概要

突如発生した謎のウィルスに感染した動く死体。人を襲い血を啜る。
一度噛まれれば感染し、生死を問わず最終的にはカバネとなる。
しかし、中にはカバネとならずに生き延びた者もいる。

生態

人々を襲い、食らいつき、血を啜る。血液に反応するため、多少ではあるが血液を用いて誘導する事ができる。また、仲間意識の様なものが存在するのか、目の前で他のカバネが倒されると、声を上げて攻撃してきた相手に襲い掛かるような行動が見られる。

カバネを攻撃しようとも、表皮などの外傷は瞬く間に塞がってしまい、例え首を撥ねようと活動を続け、カバネを完全に停止させるには心臓を破壊する以外に手段はない。
しかし、カバネの心臓は心臓皮膜(鋼鉄皮膜、金属皮膜とも)と呼ばれる非常に強固な網状の新生組織に覆われており、これを貫かなければならない。この膜は刀はおろか蒸気銃の銃弾すらも弾き、余程の刀の達人か、同じ箇所に複数の銃弾を命中させる事のできる技量が必要となる。

カバネ化

カバネに襲われた人間の大半は、大量の出血によって命を落とす。しかし、死んだ者が即座にカバネ化するわけではなく、一定時間の「擬死」と呼ばれる状態を経たのちに、心臓が発光しカバネとなって蘇る。

噛まれ、逃げおおせたとしても、すでにウィルスに感染しており、カバネの「潜伏期」と呼ばれる期間ののちに、突如として「擬死」を迎え、カバネとして蘇る。この潜伏期には個人差があるが、最長でも三日以内に発症する。

種類

カバネにはその驚異度や生態によっていくつかの種類が存在する。

カバネ
一般にカバネと呼ばれる種類。人より優れた身体能力を有する。
基本的には素手だが、鎌や包丁などの武器を持つ個体もいる。

ワザトリ
カバネの中でも武術に長けた稀な個体。
多くの戦の中で技を覚えたとされ、剣術や格闘術など個体ごとに異なる。
その技術は達人の域であり、カバネの身体能力も相まって、驚異度は通常のカバネの比では無い。

クロケムリ

甲铁城的卡巴内同人


大量のカバネによって構成さている巨大な集合体。
無名融合群体と呼び、「あいつは欲張りらしいから、人間でも、カバネでも、何でも取り込みたいんだって」と語っていた。カバネとの戦の手練れであろう無名すら「初めて見た」と言うほど稀有な存在。
個々に分かれることもでき、その様はまさに蟻の群れである。集合体となった時、青い光を放つ心臓にあたるカバネが存在し、その個体の心臓を破壊すれば爆散、崩壊する。しかしその為には、それこそカバネの群れに飛び込む決死の覚悟が必要であり、容易ではない。

関連タグ

甲鉄城のカバネリ
カバネリ
生駒
無名

pixivに投稿された作品 pixivで「カバネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10632

コメント