ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

よって我らは臆病の象徴たる将軍の居城金剛郭を破壊し、解放する!


プロフィール

CV宮野真守
誕生日12月6日
血液型A型

概要

金剛郭で幕府を統べる将軍家・天鳥家の子息だが、今は勘当されている。ピンク色の長髪の美丈夫。

カバネに対する独立部隊「狩方衆(かりかたしゅう)」の総長。

駿城・克城を駆り各地でカバネを殲滅、民衆からは「解放者様」と呼ばれて圧倒的な支持を集め、また無名からは「兄様(あにさま)」と呼ばれて慕われている。

しかし、無名に「穂積」の名を捨てさせ、弱い者に生きる価値はない…と教えたことや、人を殺めるときの冷酷な笑み、克城内に隠された秘密を見たことにより、生駒は彼の真意に疑念を抱いている。

また独自に科学者と共にカバネとカバネリを研究しており、黒煙りの心臓と酷似した巨大な青白いカバネの心臓を克城で隠し持っている。


ここから下は本編最終話以降のネタバレを含みます。未視聴の方は注意。




その目的は自身を陥れた者への復讐である。10年前にカバネ討伐部隊を率いた時に置きざれにされその指示を出した者を探していた。そしてその結果自身の父である『天鳥興匡』(あまとりおきまさ)が自身を陥れた事を知る。(興匡は臆病な人物で、かつて息子である美馬に怪我を負わせてその報復から自身を守る為に理不尽に彼を疎んでいた)

その後は父親を殺して倒幕する為に甲鉄城の面々を武力で制圧して脅し、天鳥幕府の居城である金剛郭にいる現将軍である父親に会うために、甲鉄城に捕らわれた演技を行い父親に謁見をして小刀に仕込まれたカバネの血液の付いた針で父親をカバネ化して兵士を煽り父親の抹殺に成功。そのまま金剛郭中に嘘の情報を流し混乱を助長し、城壁を破壊する為に無名に青白い液体を打ち込み鵺にする。

最終回では部下の瓜生に「部下達を生かせ」命令し、生駒との決戦にのぞむ。激しい戦いの過程で美馬自身もまたカバネリであったことが判明する。最期は無名に心臓被膜を貫かれて死亡。 最終回の終盤に、恐らくは戦いで決着を着ける目的で瀕死の生駒へ白血漿を仕込んだ銃弾を撃ち込んでいた。(これにより生駒が撃ち込んだ黒血漿が中和され、生駒はカバネにならず最終話以降も自我を保つ事が出来た)





関連イラスト

カバネリ

美馬さま描いてみた



関連タグ

甲鉄城のカバネリ 無名 生駒 狩方衆


ギルサンダー澤野弘之の作品の中の人つながりで、彼と同じピンク色の髪型が特徴である。


鮮血のアッシュ… カップやきそば現象。


ムー・アレキウス…長い赤髪の持ち主で中の人つながり。こちらはミュロンという妹がいる。


関連リンク

Neoapo

関連記事

親記事

甲鉄城のカバネリ こうてつじょうのかばねり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 684340

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました