ピクシブ百科事典

ガゼール

がぜーる

3代目及び4代目シルビアの兄弟車で2代目は前期型のみで後期型はシルビアと統合された、北米とヨーロッパ仕様の名前は200SX、2代目に当たるS12型のオーストラリア仕様は日本仕様と同じガゼールである
目次[非表示]

概要


ベースはシルビアと共通だが、当時の日産モーター店(現ブルーステージ)で顧客層を考慮しシルビアの上級仕様と言う位置づけになった、またテール枠が横型と外装の一部もシルビアとの差別化が図られている

歴史


初代(S110)

ガゼール・2.0XE‐Ⅱ(PS110)


1979年にデビュー、同年8月にはハッチバックにオーバーライダー付き大型バンパーとシングルアームのフロントワイパーが標準装備となった
1981年5月のマイナーチェンジでグレード整理(TE-I廃止)と外装に変更が加えられ、2.0lモデルの最上級グレードXE-Ⅱ・Gにデジタルメータが標準装備された
翌年4月にはFJ20Eを搭載したH/T 2000DOHC RS及びRSエクストラが追加されたが、吸排気系の取り回しがニューマン/鉄仮面とは異なる

二代目(S12)

1983年に二代目にモデルチェンジ、エンジンは同型シルビアと同じCAとFJの二機構成だが、FJはNAのFJ20Eがラインアップされておらずターボ仕様のFJ20ETのみである、装備ではパワーウーファとチルトアップ式電動ルーフ及びキーレスが採用された
1986年にFJが廃止されると共にシルビアに統合される

関連記事

親記事

シルビア しるびあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガゼール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2254

コメント