ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

キューブとは、フォートナイトのストーリーの鍵を握る紫色の正方形の物体である。
フォートナイト シーズン5にて初登場。

また、金色のキューブ、水色のキューブと言った亜種も存在するようで、クイーンと呼ばれている存在、アサシンと呼ばれている存在もいるようである。

能力

紫色のキューブ

通称「ケビン」
島へやってきた初のキューブであり、紫色の落雷により生まれた。
Chapter1の個体は、体力の回復、精神の汚染、液体の汚染、ルーン文字を刻む能力、キューブデビルやキューブフラグメントなる配下を呼び出す能力を所有しているようであり、更には陸をも浮かせリーキー・レイクの湖から天空島を作り出してしまうなど超常的な力も所有している。

Chapter2の個体は、更に能力が強化されているようであり、大地の汚染、サイドウェイズと呼ばれる固有空間の生成、色が明るくなった状態では子キューブを生成する能力も所有している。
しかし、体力の回復能力は失った。

金色のキューブ

Chapter2にて、紫のキューブに紛れて登場。
紫色のキューブに力を与えることができるようだ。

水色のキューブ

Chapter2にて、紫のキューブに紛れて登場。
紫色のキューブとは違い大地の浄化、植物の活性化、体力の回復が能力のようだ。


活躍

世界を救え

ストームキングの撃退後、ストームキングのいた場所にこれが形成された。

チャプター1

チャプター1でのこの物体の活躍をまとめました。

シーズン5のワンタイムイベントにて

とある訪問者により作られた、上空にある大きな裂け目から放出された紫色の雷により作り出された。
その後、徐々にルート・レイクへと近づいていき、最終的にルート・レイクの湖の中へと沈んでしまったのであった。
その後、ルート・レイクはリーキー・レイクとなってしまうのである。

シーズン6のシネマティックトレーラーにて

リーキー・レイクの湖の中から突如、島となり現れたキューブ。

その後、キューブ島は島に残されたケビンルーンを渡り歩き、ケビンルーンの力を吸収しながら最終的にまたリーキー・レイクへと戻っていった。
のだが、突然キューブが不安定になりだしてしまい、キューブは崩壊してしまう(シーズン6のワンタイムイベント)。
更にその影響からか、デビル達を産み出すキューブフラグメントが作り出されてしまう。

シーズン6のワンタイムイベントにて

崩壊してしまったキューブが突然超回転しだし、なんと爆発してしまう。
その後転送されたのは真っ白い幻想的な世界。
すると、上から裂け目でできたが出現。蝶が自らの指に触れたと同時に、元の世界へと返されるのであった。
その後リーキー・レイクが再びルート・レイクへと戻り、崩壊したキューブ島があったところにはお花畑とキューブの破片、虹ができていたのである。

しかし、なんとこの場所、あのストーリーを握るもう一つの球体が存在している場所でもあったのだ。

シーズンX

ストーリートレーラーにてなんとと共に再登場。
しかし、やはりというか蝶に触れた瞬間爆発した。
その後、セブンが作成したなんらかの装置によりモーテル、バーガー、浮島と共に再びマップにやってきた。

チャプター2


シーズン1

マップ中央の島にストームキングを呼び出したと考えられる。

シーズン4

フォートナイトメアにてシャドーマイダスとして登場。
シャドーマイダスの撃退時、実は彼からケビンルーンが出てくるのだ

シーズン6

ラズの体を奪い取るという形で恐らく登場。

シーズン7

オペレーション:スカイファイアイベントにてなんとエイリアンのマザーシップ内に大量に置かれていた(と言うかマザーシップ内の柱としても機能してたためエネルギー物質の塊とも捉えることが出来る)。
このイベントに参加したプレイヤーのうち約309万人がこのケビンの防御反応により犠牲になったがそのままマザーシップが撃墜されたため島に大量のキューブが落ちる羽目になる。

これにより外宇宙物質説がほぼ確立されたと言っても過言ではない

シーズン8

数多のキューブが島を蹂躙して汚染してクイーンを呼び出した。

チャプター3

シーズン1

コラボムービー、we will be monsterにて一瞬登場。

関連イラスト


関連タグ

フォートナイト セブン

関連記事

親記事

フォートナイト ふぉーとないと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キューブ(Fortnite)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5247

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました