ピクシブ百科事典

クイーンマリー

くいーんまりー

クイーンマリーとは、MOTHERに登場するキーキャラクターの名前である。

◆あなたたちの おぼえてきたうたを
  わたしに きかせて!

概要

幻想の国マジカントの女王。
どことなく主人公に似た顔立ちをした女性。

ある大切なことを思い出そうとずっと悩んでいるが、どうしても思い出せないでいる。
主人公達は冒険の中で、彼女が思い出そうとしているものを探しだしていく。

体の具合が悪いらしい。

以下ネタバレ注意



















正体は、プロローグでその存在が語られた、1900年代の初めに夫ジョージと共に姿を消したマリアという女性で、主人公の曾祖母である。

行方不明の真相は、生まれて間もないギーグの子守役として、異星人によって突如として拉致されたというものだった。

マリアはジョージと共にギーグを育て、深い愛情を注いだが、それも空しくギーグは邪悪な存在として育っていった。
やがてジョージはそれに対抗するPSI能力の研究のため、ギーグの母星から重要な情報を盗み出して地球へ帰還したが、マリアはついに地球に帰ることの無いまま生涯を終えた。
その後、マリアの精神は平和の国マジカントを産みだし、王国の女王クイーンマリーとして君臨。
クイーンマリーとなった時点で彼女はマリアとしての記憶を失っていたが、自分のひ孫である主人公に友好的に接し、家族として温かく迎え入れてくれる。

彼女が思い出そうとしていたのは、かつてギーグに歌ってあげた子守唄である。
ギーグの襲来に際し、既に記憶を失っているのにも関わらず、なおも思い出そうとしたようだ。

子守唄は8つのメロディになって世界中に散らばっていたが、主人公達の活躍によって全て集められ、子守唄として蘇る。
物語終盤、これをきいたクイーンマリーはマリアとしての記憶を取り戻た。

◆そう・・・・そう、このうただった。
  ああ・・・・ギーグ・・・・
  ほんとうの こどものように
  かわいがったのに・・・・
  しっぽを ふってた
  あかちゃんだった・・‥
  こもりうたを‥‥でも‥‥

そして、悲しみにくれながらも、ギーグのための子守唄を主人公達に託して、ジョージの許へと旅立った。
その瞬間、彼女の生んだ幻想だったマジカントもまた跡形もなく掻き消えた。

◆ああ ジョージ!
  あなたの つま マリアです
  あなたのまつ てんごくに
  わたしも いまから むかいます‥‥

彼女の教えた子守唄は、最終決戦で襲い掛かるギーグを止める唯一の手段となった。



ちなみに未発売の海外版及びそれを基にしたGBA版では、海外版のテキストに基づいて翻訳されているため、ギーグが子守唄を苦手にしていることが分かりやすくなり、ラストバトル中にギーグの弱点が歌だということがクイーンマリーのセリフで明確に示されるようになって攻略しやすくなっている。

関連タグ

MOTHER マジカント
ニンテン

クィーン・マリー……名前が似ているが、出演作品が違う。

pixivに投稿された作品 pixivで「クイーンマリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33120

コメント