ピクシブ百科事典

ゴア・スクリーミング・ショウ

ごあすくりーみんぐしょう

ゴア・スクリーミング・ショウとは、BlackCycから発売されたアダルトゲーム及びその劇中に登場する怪人の名称である。
目次[非表示]

概要

2006年1月10日発売。
ジャンルはオカルティックADVと銘打たれており、グロテスクな表現やホラー風の演出が多い。
企画・原作・キャラクターデザイン・原画は上田メタヲ、シナリオは草壁祭。

あらすじ

両親の都合で都会の生活を送っていた少年「仁野恭司」は、両親が渡米したことを切欠に、3年ぶりに故郷の田舎町「呉仁町」に戻ってきた。
懐かしい旧友との再会に胸躍らせる転校初日。恭司は道中の森で不思議な女の子に出会う。

「オカエリナサイ」

「ユカ」と名乗る不思議な少女との出会いが、恭司と周囲を少しずつ狂気の世界へと引きずり込んでいく……。

登場人物


主人公


「仁野恭司」

3年ぶりに物語の舞台である呉仁町に戻ってきた中学生。
明るく活発で正義感の強い少年だが、それ故に自分より立場や力の強い相手にも向かっていく無鉄砲さがある。
ヘヴィメタルバンドのファンでギターの練習を始めているほか、少しグロテスクな怪物の食玩に喜ぶ子供らしい一面も。
「ユカ」との出会いから始まる謎の怪事件に時折恐怖を感じながらも、友人との平和な日常を取り戻すため奮闘する。

メインヒロイン


「一柳あかね」

呉仁町の中学校の委員長で、恭司の幼馴染。
明るく社交的なムードメーカーだが、肝心の恭司とは幼少期にトラウマになっている出来事があり、互いに気にしつつも気まずい関係が続いている。
名前の由来は数字の1と信号の赤。

「双木葵」

幼少期の恭司のクラスメイトで、あかねとは無二の親友。
無口で大人しく、最初は恭司も彼女を中々思い出せなかった。
あまり感情を出さない性格だったが、意外なことに恭司と同じヘヴィメタルバンドのファンであり、そこから恭司と急速に仲良くなる。
名前の由来は数字の2と信号の青。

「深園希衣佳」

恭司が都会にいた頃に同級生だった少女。偶然にも恭司の帰郷と時を同じくしてこの街に越してきた。
厳しい家柄で育ったために物静かで非常に礼儀正しいため、クラスでも既に高嶺の花となっている。
しかし、彼女には両親にも友達にも、そして恭司にも言えないある秘密を抱えており……。
名前の由来は数字の3と信号の黄色。

その他の人物


「牧真太」

恭司の幼少期からの親友。転校初日から問題を起こしてしまった恭司にも優しく声をかける友人の鏡とも言える少年。
しかし恭司とは対照的に相手に強く主張できるタイプではなく、躊躇して黙ってしまいがちなところがある。

「貞島富巳哉」

呉仁町で有数の金持ちの息子で、素行の悪い不良グループのリーダー。
転校初日から恭司と険悪な雰囲気になり、翌日には校舎裏で派手な喧嘩を勃発させた。
その際の責任を恭司に押し付けるよう立ち回るなど、狡猾な一面もある。
恭司がいない頃にあかねに素行の悪さを注意されたことがあり、僅かに更生した風に見せかけて取り巻きと共に毒牙にかけようとしていた。
この計画を阻止できるかは、プレイヤーの手にかかっている。

「夢川姫子」

恭司の母方のいとこで、呉仁町での彼の保護者。オカルト雑誌のルポライターをしている。ペンネームは「さいたま 闇子」。
真太たちも驚くほどの美人だが、私生活がズボラで且つ食べ物の好みが激しいなど個性が強すぎる所謂残念美人
しかし恭司が学校で問題児扱いされたときには別人のようにハキハキした大人らしい神対応を見せた。

「安藤博巳」

恭司のクラスの担任である国語教師。
彼の授業が単調すぎてすぐ眠くなる事から、密かに「スイマー(睡魔)」というあだ名をつけられている。
権力に逆らえない腰巾着タイプで、恭司と貞島のケンカ事件の際も貞島家の権力に恐れをなして一方的に恭司一人を悪者扱いするなど、生徒からの人望は低い。

「八瀬由規」

ユカと2度目の邂逅を果たした恭司の前に現れた謎の青年。
姫子とは旧知の中で、恭司と奇妙な同居生活をすることになる。
ユカと彼女の従える謎の怪物によって妻を失っているらしく、復讐のためにユカを追って呉仁町に来た。
当初は恭司と反りが合わなかったが、ユカの脅威に立ち向かう恭司を第2の自分にしないために助力してくれるようになる。

「桃音」

ユカと共に森の奥の館に住む老婆のような女性。
ユカは母親だと言っているが、終始ユカに怯えており、写生の授業で訪れた恭司たちを半ば強引に引き止めて屋敷に招いている。
また、由規や姫子の話によれば、何と彼らと同い年であるらしい。

「ユカ」

帰郷した恭司の前に突如現れた謎の少女。幼い見た目とは裏腹に大人を手玉に取るミステリアスな言動で底の見えない不気味さを持つ。
また、恭司に好意を抱いているのか、彼に親しい女性にはあからさまに不機嫌な態度をとり、容赦ない言葉攻めで精神的に追い詰めてくることも。
更には性の知識も持ち合わせており、恭司に色仕掛けを仕掛けてくることもある。

「ゴア・スクリーミング・ショウ」

本作のタイトルにもなっている、ユカの従える謎の怪人。
大の大人を大きく超える長身をマントに隠し、ピエロのような帽子を被った不気味な容姿と、狂言回しのような語り口で恭司を翻弄。
そして隙を見せればユカの命ずるままヒロインの少女たちを情け容赦なく惨殺・捕食する
更には幻覚や催眠を始めとする超能力の類も自在に操る人智を越えた存在であり、この恐ろしい怪物からヒロインたちを守りきれるかがこのゲームのポイントとなっている。

関連イラスト

憎悪。
ゴア・スクリーミング・ショウ!




関連タグ

BlackCyc アダルトゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴア・スクリーミング・ショウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126507

コメント