ピクシブ百科事典

サッチー

さっちー

『電脳コイル』に登場するキャラクター。強力な駆除ソフト。

概要

正式名称は「サーチマトン」。電脳区間にはびこる違法電脳体の駆除のために大黒市が導入した。壁などを通じて現れる際には「」の鏡文字の印から出てくる。
電脳メガネを通じて見ると「巨大で赤く丸みを帯びた形」。高さはだいたい3mぐらい。腹部にあたる部分にはキュウちゃんと呼ばれる小さい球型サーチマトンを4基格納できる。いわばキュウちゃんの母艦としての役割もある。
移動時には「ボクサッチー、ヨロシクネ」と愛らしいボイスを再生しながら移動する。その愛らしいボイスと裏腹にやっていることは結構アレなのだが。
後に大黒市が導入した「2.0」はサッチーの性能をより強化したもの。

距離を無視して駆除対象に近づく能力がある割に、標的を感知できるのは20m程度である。なので普段は子機となるキュウちゃんが各所を巡回して小規模なバグを修復、キュウちゃん単体で対処できないバグはサッチー本体がその場所まで移動して対処する。
強力な駆除ソフトでありながら性能は低めで、違法電脳体ではない電脳ペットですら攻撃対象とみなして攻撃してくる子供の悪戯レベルの電脳アイテムすら攻撃対象とみなして攻撃してくるなど、大黒市の電脳メガネ使いの子供たちに恐れられている。そのため「レンガ壁」を投げつけてフォーマットの時間稼ぎをしながら逃げるなどの手段が講じられている。

管轄は郵政局なので、郵政局の管轄外となる場所には侵入できない。例えば民家はホームドメインなので進入できないし、学校は文部局の管轄なので侵入不可、病院や公園の敷地内、鳥居のある神社も同じである。最も多い民家は不法侵入であるため迂闊に逃げ込めず、大黒市内に神社の数が多いこともあって、作中の子供たちの逃げ場所は主に神社となっている。
縦割り行政のいい意味でも悪い意味でも副作用でもある。街の一斉フォーマットなどで行政から進入許可が出ることもあり、その際には民家だろうと神社だろうと入れるようになるため、逃げ場所はなくなってしまう。

なおサッチーの名付け親はある意外な人物である。詳しくは本編で確認せよ!

関連タグ

電脳コイル キュウちゃん 2.0

pixivに投稿された作品 pixivで「サッチー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47891

コメント