ピクシブ百科事典

サーレント

さーれんと

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『ルドラの秘宝』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

東の大陸の言霊師。間もなく人類の歴史が4000年という滅びの時を迎えようとしている事を知り、それを食い止める為にルドラにまつわる調査をする先で、数奇な運命に巻き込まれて戦いに身を投じる。

経緯

過去の時代に活動したルドラが役目を終えて眠る巨石「ラゴウ石」の調査をする場面から彼の運命の日々は始まった。調査のためであり、既に役目を終えたルドラとはいえ、ルドラを封じる石である以上は膨大なエネルギーに満ちており危険である。そのため、エネルギーを封じる特殊なアイテムを用意する必要があり、宝探し目的でそれを盗もうとするデューンとのいざこざもあった事で、調査は難航する。
そんな中、拠点にしているオリアブの町で事件が起こる。それも、ルドラにまつわる事件だった。破壊神であるルドラは、滅ぼされる運命の種族には当然恐れられる存在だったが、中にはこれを崇める者もいた。「ルドラ教団」——ルドラに生贄を捧げれば滅ぼされずに生き残れると信じる狂信者の集まりである。そして、その教団に子供がさらわれたという。これを助ける事自体はほどなくして達成したが、何しろ大勢の子供たちがいた。安全な町へ送り届けるという大仕事が加わったことで、ラゴウ石の研究を進めたいサーレントは、子供を送り届ける仲間と別行動を取る。それが、彼の歯車を大きく動かすきっかけだった。
辺境の町アヴドル。ここにもラゴウ石が1つあるという。さっそく調査を進めようとしたが、その日は日食が珍しく発生。そして同時に、ラゴウ石に封印されたはずのルドラが動き出したのである。そのルドラは、爬虫類族のための存在であり、したがって過去の種族である。本来動くはずの無い存在に問いかけるサーレント。しかし、破壊衝動を持ったルドラには一切の話が通じず、周囲で倒れた研究員と同じように、あえなく殺されてしまい、若くして人生に幕を閉じた。

···そんなこともなかった。

確かに一度死亡はしたし、冥界に魂が飛ばされた。だが、彼の体には、ラゴウ石にいたルドラが持っていた宝玉「ジェイド」が埋まっていた。本来、ジェイドを持つ者は不死身。そのおかげで、霊体となったはずのサーレントは、別の肉体を借りることで、蘇ることができたのである——。

真実を解き明かし者

彼が、本来ルドラの持ち物であるはずのジェイドに認められた特異なこの経緯は、太古の種族「ダナン神族」の予言書に「真実を解き明かし者」と予言されていたことによる。
彼が手にしたジェイドの名前は、4つあるジェイドのうちの「リバイブジェイド」。その名の通り、復活の力の象徴でもあり、死亡した時に入手したのもまさにこの名前どおりの運命というべきか。またこれにより、ジェイドは魂に宿るものである事実も判る。なぜなら、別の肉体を用いて復活した時、別の肉体であるにも関わらず、ジェイドが埋まっていたからである。
その性格は、研究熱心な元来の性質もあり、誠実。一歩間違えれば簡単に人を斬りかねないソークからも短期間に厚い信頼を寄せられているほど。また、敵ではない存在に戦いを挑むことは基本的に無く、話で解決を図ろうとする。最初に死亡した時のように最大の弱点にもなりうるが、真実を解き明かす者としては無くてはならない性格でもある。結果的に、これまでの「ルドラによる滅びと再生」の歴史の核心に触れ、最も多くのルドラと関わることになるのも、彼である。
もちろん、敵と認識した相手に躊躇することはなく、その矛先は人間を繁栄させたはずの「人間のルドラ」にも向くことになる。だが、その結末は、場合によっては、一度死亡して復活する以上の数奇なものになる可能性すらある。

関連タグ

ルドラの秘宝
シオン(ルドラの秘宝) リザ(ルドラの秘宝) デューン(ルドラの秘宝)
レギン(ルドラの秘宝) ソーク ロロ(ルドラの秘宝)

関連記事

親記事

ルドラの秘宝 るどらのひほう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サーレント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23781

コメント