ピクシブ百科事典

ザルク

ざるく

ザルクとは、TVアニメ「アルジェントソーマ」に登場する機動兵器である。本稿では後継機種の「トート」についても取り扱う。
目次[非表示]

概要

対エイリアン部隊「フューネラル」に配備されている対エイリアン用可変高機動兵器。ザルクとは独語で「棺桶」の意。
全5機が建造されるも、2番機はテスト飛行時の事故によってパイロットが死亡した為、欠番扱いとなっている。
主なパイロットはダン・シモンズ(1番機)、ギネビア・グリーン(3番機)、スー・ハリス(4番機)、リウ・ソーマ(5番機/複座式)。

本機は、飛行形態から「高機動モード」と呼ばれる人型形態へ変形する事が可能な可変機だが、各形態での運動性・機動性に明確な差異は無く、この変形機構は同じ巨大人型構造体であるエイリアンとの誤認を避ける意味合いが強い。
また「人型」と記しているものの、機体には頭部に該当する部位は無く、コックピットブロックも機体の左肩に位置しており、それが本機の外見上の特徴となっている。
なお、人型の機体として本来頭部があるべき箇所は大型輸送機「ミステルT-1」とのドッキング用コネクタ兼用の搭乗口として機能し、長距離移動任務の際にはミステルに吊り下げられる形で懸架される。

最大の特徴として、エイリアン由来の技術である「エイリアンモーター」と呼ばれる駆動ユニットを搭載しており、これを応用したイナーシャルエリミネーターによって既存の航空機とは一線を画する慣性制御飛行を可能としている。
この恩恵によって、それまで熱核兵器や荷電粒子爆撃機を用いるしか無かったエイリアン迎撃戦術を大幅に書き換え、エイリアンの弱点である頭部をより効率的に破壊する事を可能とした。
だが、エイリアンモーターはその由来もあって信頼性が低く、出力も極めて不安定。前述の2番機の事故もあって機体には機体出力を抑える為のリミッターが設けられており、更に完成当初は機体の稼働時間にも制限が加えられていた。
リミッターは任意での解除は可能であるが、その際のパイロットへの負荷は高く、イナーシャルエリミネーターを用いてもその負荷を完全に相殺する事は出来ない。
また、機体の内部構造がブラックボックス化されている事もあって戦闘で大きく損傷した場合は専用の工廠に送られ修理が行われる。

武装はファイアリング・リキッドと呼ばれる二種類の液体炸薬を混合する事で弾丸を発射する専用ライフル。
ファイアリング・リキッドは、パイプを介して機体本体から供給されており、用途に合わせて炸薬の混合量を調節し、その発射形態を変える事が可能。
主に通常射撃用のセミオートモード、連射目的のフルオートモード、三発連続発射のスリーバーストモード、狙撃に適したスナイピングモード、炸薬をフルチャージすると同時に砲弾を複数装填・同時発射するスラッグモードなどがある。

トート

実験機としての意味合いが強かったザルクの後継機種として開発された機体。トートとはドイツ語で「死神」の意。
機体形状はそのままだが、カラーリングはザルクよりも暗く、ほぼ黒に近い色になっている。
装甲厚はザルクの1.5倍にも及ぶが、エイリアンモーターはザルクよりも高出力の物を搭載した結果、機動力に於いてもザルクの上を行く性能を叩き出す。また、ザルク同様に機体にリミッターが設けられており、リミッター解除時の負荷はザルクよりも熾烈。
武装はザルクと同じ液体炸薬式ライフルを備えるが、パイプを取り外しても使用できるよう改良が施されている。

関連項目

アルジェントソーマ












以下の内容にはアルジェントソーマ作中のネタバレが含まれます。開覧は自己責任で御願いします。









ザルクとトートの正体は、エイリアンモーターを転用した兵器ではなく、電子機器や装甲を組み付けたエイリアンの死体そのものである。
エイリアンの身体は電気信号によるネットワークによって駆動しており、これを応用し電気的な刺激を与える事で死体を駆動させていた。

ザルクに頭部が存在しない事、高機動モードが人型である事、大幅な損傷に伴う工廠送りの必要性等は全てこの事実に帰結しており、「毒を以て毒を制す」の考えによって考案された事が伺える。
この事実は、ギネビア機が戦闘中の損傷によってエイリアンとして覚醒した事で明るみとなり、この際の戦闘でフューネラルのザルクは全機が撃墜され、機体の真相もあって以降のフューネラルの面々に暗い影を落とす事になったが、エイリアンを巡る一連の事件の後、エイリアンモーターをフルコピーした純地球製ザルクが開発されるに至った。

pixivに投稿された作品 pixivで「ザルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 870

コメント