ピクシブ百科事典

シカでした

しかでした

『水曜どうでしょう』の「マレーシア・ジャングル探検」にて嬉野Dが発した名言。
目次[非表示]

概要だって、あんなデッカイ猫いないって

1998年に放送された「 マレーシア・ジャングル探検 」編。マレーシアはタマン・ヌガラ国立公園へ赴いた一行は、ブンブン・ブラウと呼ばれる動物観察小屋にて夜を明かすこととなる。
時刻は深夜12時――闇夜に光る一対の目を嬉野Dがカメラに捉えた。正体は判然としないものの、謎の動物はそれなりの体格を有しており、トラが近づいてきたのではないかと浮き足立つ嬉野D。その言葉を真に受けてパニックに陥ったミスターこと鈴井貴之も冷静にバリケード(ふにゃふにゃのマットを立てかけただけ)を作る始末。一方、大泉藤村Dは「シカじゃないか」と疑い、しばしトラ派とシカ派の不毛な論戦が繰り広げられる。
程なくして嬉野Dはカメラ越しに角を捉え、安堵と気恥ずかしさを込めた半笑いで上記の一言を発した。ちなみにミスターは「本気でヤバくなったら手にTシャツを巻き、火をつけてトラを追い払うつもりだった」と発言している。
とはいえ嬉野Dにとってはつらい思い出となったようで、後に「二度とやりたくない企画」にピンポイントで「ブンブン」と答えたという。他の出演陣もマレーシアでの企画はもうゴメンだとこぼしていたのだが……

6年後の2004年に放送された「ジャングル・リベンジ」編にて、ブンブン・ブラウへと向かう前にナイトジャングルウォークへ参加した一行。真っ暗なジャングルを徒歩で進む彼らの前に早々とシカの群れが現れ、嬉野Dは「 早すぎるよ シカ ! 」 「 シカいっぱいいんじゃん 」と発言。藤村Dが「 ダメだよ オレたちのメインだったのによぉ 」と口走り、大泉から「 シカ メインに据えんなよ ! 」とツッコまれた。この時点で動物の画は撮れてしまったものの、ブンブン・ブラウでもある意味で壮絶な展開が待っていたのは、また別の話。


出なくていいって ウチらそういう関連イラストじゃないって

トラ騒動
How do you like wednesday?




僕は捉えました関連タグを

水曜どうでしょう 嬉野雅道 マレーシア シカ

pixivに投稿された作品 pixivで「シカでした」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241542

コメント